人と自然科 ブドウのツルを使ったクリスマスリースの制作

いよいよ明日から冬季休業に入ります。そして来週は皆さん待ちに待ったクリスマスです。

人と自然科の学校設定科目、1年生『人と自然』そして3年生『ガーデニングの授業では、ブドウのツルを使ったクリスマスリースの制作を行いました。人と自然科では1年生の生徒がベリーAを、3年生の生徒がマスカットとピオーネの栽培を学んでいます。9月に収穫を迎えた後、11月中旬には来年の栽培に向けて伸びた枝を切り落とす『剪定』という作業を学びました。

h30kurisumasuri-su0 h30kurisumasuri-su1 h30kurisumasuri-su2 h30kurisumasuri-su3

この作業で大量に出た剪定枝は、来年度病害虫が発生するのを防ぐため、すべて畑の外に持ち出し、処分しています。

h30kurisumasuri-su8

これはもったいないということで、剪定枝の一部を有効活用することを目的にクリスマスリースを制作しました。

まずは枝を少しづつ曲げて、リースの形を作っていきます。

h30kurisumasuri-su4 h30kurisumasuri-su7

無理に曲げると折れてしまうので、少しずつ形を整えていくのがポイントです。

h30kurisumasuri-su5 h30kurisumasuri-su6

そしてツルを編み込みながら形を整えていきます。

h30kurisumasuri-su9 h30kurisumasuri-su11

一般的な円形だけでなく、生徒によっては木の葉型や自転車型に加工していました。

h30kurisumasuri-su12 h30kurisumasuri-su10

リースの土台が完成したところで、校内にある草花や樹木、ドライフラワーにした花材、そして市販のリボンなどを利用し装飾していきます。

h30kurisumasuri-su14 h30kurisumasuri-su13

完成した作品はこちら。

h30kurisumasuri-su24

まずは1年生です。

h30kurisumasuri-su23 h30kurisumasuri-su21

多肉植物を水苔に植えたり、形も様々でユニークで独創的な作品が多いですね。

h30kurisumasuri-su20 h30kurisumasuri-su22

次は3年生。

h30kurisumasuri-su19 h30kurisumasuri-su17

緑を多めに、クリスマスの雰囲気満載ですね。とっても素敵です。

h30kurisumasuri-su16 h30kurisumasuri-su15

みなさん持ち帰っておうちに飾り、素敵なクリスマスを迎えてください。

Merry Christmas!

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。