普通救命講習会(福祉タイプ選択生徒)

11月23日(金)3年生福祉選択生徒14名が、三田市消防本部で開講された、普通救命講習会に参加しました。

最初は講義からスタートし、DVDで実際の救助活動の様子や、救命処置の基礎知識を学びました。身近に居合わせた人の救急処置の重要さを実感しました。

講義の後は実践形式の実習に移りました。

周囲の安全確認→傷病者の意識確認→救急車の要請・AEDの手配→胸骨圧迫・人工呼吸・AEDの使用→救急隊に引き継ぎ

img_6297img_6298

救急活動の一連の流れを教えていただきました。特に胸骨圧迫・人工呼吸は力のかけ方や気道確保の仕方が、難しく苦戦する生徒も居ましたが何度も練習するうちにスムーズに行えるようになりました。講習会、最後の効果測定では全員無事にクリアし、修了証が手渡されました。

img_6300img_6299

本日受講した生徒が緊急時に遭遇した時、率先して救命活動を行えるようになって欲しいと思います。三田市消防本部職員のみなさん、お忙しい中講習会を開いていただきまして本当にありがとうございました。

カテゴリー: 総合学科   パーマリンク

コメントは受け付けていません。