人と自然科農業クラブ いざ県連盟大会へ

いよいよ農業高校の甲子園とも呼ばれる、熱い闘いが始まりました。7月24日(火)さよう文化情報センターに県下11校の農業高校生が集結し、第66回兵庫県学校農業クラブ連盟大会が開催されました。

h30kenntaikai1nitime6

農業鑑定競技会、意見発表競技会の校内予選を勝ち進んだ精鋭、17名が有馬高校人と自然科の代表として乗り込みました。

h30kenntaikai1nitime4 h30kenntaikai1nitime5

開会を前に緊張が走ります。そして県連盟副会長の開会宣言によりいよいよスタートです。

h30kenntaikai1nitime7 h30kenntaikai1nitime8

まずはクラブ旗入場。県連盟旗を先頭に各校の農業クラブ会長が旗を持ち入場します。有馬高校も人と自然科118名の代表、宮口会長が歴史ある有馬高校農業クラブ旗を持ち、堂々と入場しました。

h30kenntaikai1nitime9 h30kenntaikai1nitime10

県下11校のクラブ旗が舞台上に並んだ姿は圧巻です。

h30kenntaikai1nitime11 h30kenntaikai1nitime1

開会式、総会の後、いよいよ競技会スタートです。

有馬高校のお家芸でもある農業鑑定競技会は会場である山崎高校に移動します。有馬高校からは分野園芸に8名、分野測量に6名の選手が参加しました。(競技中の写真撮影が禁止されているため、文章のみの報告です。)毎年県大会独特の雰囲気に飲み込まれる選手が多くいます。終了後、話を聞くと暑さと緊張で思うように自分の力が発揮できなかったとの声が多く聞かれました。

そして意見発表競技会には、3つの分野に1名ずつ出場しました。

分野Ⅰ類(生産・流通・経営)

「規格外花0計画~すべての花を有効活用~」 3A 仲畑 瑛一君

h30kenntaikai1nitime13

分野Ⅱ類(開発・保全・創造)

「歩みはゆっくりと~人と自然の生きものがたり~」 2A 一ノ瀬 将太郎君

h30kenntaikai1nitime2

分野Ⅲ類(ヒューマンサービス)

「ジュリカファーム」 3A 前中 樺恋さん

h30kenntaikai1nitime12

3人ともこれまでの練習の成果が発揮され、すばらしい発表でした。

競技終了後は、宿泊・交流会場である、県立大学西はりま天文台に移動です。

h30kenntaikai1nitime14

競技もすべて終わり、他校の生徒と交流を深めます。宿舎や夕飯を通して、意見発表やプロジェクト発表(研究発表)の内容をお互いに講評し合いながら、意見交換を深めていきました。

h30kenntaikai1nitime16 h30kenntaikai1nitime15

夕食後は天文台にて天体観測交流会です。西はりま天文台には国内最大、公開望遠鏡としては世界最大の2mなゆた望遠鏡が設置されています。

h30kenntaikai1nitime17 h30kenntaikai1nitime20

研究員の先生から注意事項を伺い、早速観測会です。

h30kenntaikai1nitime19 h30kenntaikai1nitime18

フラッシュ禁止で上手く撮影できませんでしたが、実際になゆた望遠鏡をのぞいて木星や土星、星雲を観察しました。ここでしか見られない天体の姿に感動です。

h30kenntaikai1nitime22 h30kenntaikai1nitime23

またテラスでも、望遠鏡を使って月や火星、ベガなどの星を観察しました。

h30kenntaikai1nitime24

明日はいよいよ大会式典、結果発表です。いい結果が出ますように、星に願いを込めながら就寝しました。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。