福祉講演会(音楽療法について)

6月12日(火)2、3年次「こころとからだの理解」選択生に向けて、Musicコア三田支部の北川先生をお招きし、音楽療法についての講演会を開催しました。

まずは、一曲歌うことから講演会がスタートしました。先生と初対面ではありましたが、音楽を通して曲のエピソードを話したり、歌詞の内容を振り返ったりと、早速リラックス効果を感じることができました。

cimg3891 cimg3895

音楽には生理的・心理的・社会的な働きがあり、それらを有効に活用して、病気や障害を抱える方、高齢者や子どもなどにアプローチします。一人で曲を聴いたり歌ったりすることも、もちろん良いのですが、他者と交流しながら歌うことで、協調性が育まれたり、関係性を広げることができます。

歌を通して、ゲームができたり、昔を懐かしんだり、歌詞の美しさに触れたりと、本当にさまざまな効果を体感することができました。これからも自分自身のリフレッシュに活用したり、他者援助の一つの方法として音楽を取り入れていけたら良いなと思います。

cimg3893

北川先生、お忙しい中ご指導いただきまして、ありがとうございました。

カテゴリー: 71回生, 72回生, 総合学科   パーマリンク

コメントは受け付けていません。