福祉講演会(理学療法とリハビリテーション)

6月4日(月)2年次「社会福祉基礎」選択生に向けて、「理学療法とリハビリテーションの実際」として、神戸医療福祉専門学校、理学療法科の先生にお越しいただき、講演会を開催しました。

cimg3860

リハビリテーションというと、病気やケガ、骨折をされた方への機能回復訓練といったイメージが強いのですが、今回理学療法士が活躍しているさまざまな現場を教えていただき、驚きの連続でした。また、理学療法士という職業について初めて知った生徒もおり、学び多き時間となりました。

医療専門職に求められる人物像という観点で、専門的な技術はもちろんのこと、人としての礼儀やマナー、忍耐力、協調性といったことが大切であると教えていただき、どのような職業に就いても必要となる資質であると感じました。

 

cimg3866  cimg3870

後半には、メディカルチェックを行い、自分の身体の特徴を知ることが出来ました。生徒たちは、部活動や日常生活の中でも、ストレッチやトレーニングを取り入れ、健康な身体を維持していきたいと感想を述べていました。

栗田先生、お忙しい中お越しいただき、ありがとうございました。

カテゴリー: 72回生, 未分類, 総合学科   パーマリンク

コメントは受け付けていません。