人と自然科 第2回人博連携セミナー『公園をデザインしよう』

6月1日(金)人と自然科1年生「人と自然」の授業で、今年度2回目となる人博連携セミナーを受講しました。学校設定科目である「人と自然」の授業では年間8回、県立人と自然の博物館を訪れ、博物館の専門員から直接講義を頂きます。

この日も快晴。みんなで仲良く歩いて20分。県立人と自然の博物館に向かいました。h30hitohaku2kaime1

今日は大平和弘研究員より、『公園をデザインしよう』をテーマに講義を頂きました。

h30hitohaku2kaime2

まずは公園について詳しく説明いただきました。例えば公園には環境を良くする力、心身を健康にする力、街の価値を上げる力、災害から人を守る力があるということを学びました。

h30hitohaku2kaime3

また、公園をデザインする極意として、用と景のバランスが重要であるということも学びました。ちなみに用とは使いやすさ、景とは美しさのことです。

そしていよいよ演習。それぞれが公園の地面や植物を型どった紙のパーツを使い、オリジナルの公園ペーパークラフトをつくりました。

まずはハサミで様々な種類の樹木、ブランコやすべり台などの遊具、噴水やベンチなどの建造物を切り離します。

h30hitohaku2kaime4 h30hitohaku2kaime5

また、芝生やコンクリート、ウッドデッキ、水辺などの地面パーツも切り離します。

h30hitohaku2kaime6 h30hitohaku2kaime7

上手に切り離せたら、公園の敷地をイメージした砂の地面に、パーツを貼り合わせていきます。公園をどのような人が利用するのかを各自で設定をして、想像しながらデザインしていきます。例えば都会の公園をイメージした場合、遊具を少なくし、ベンチを多く設置することでOLやサラリーマンが休憩するイメージでデザインしました。また、子供が遊べる公園をイメージした場合、すべり台やブランコ、噴水、ベンチを設置することで親子で楽しめるようにデザインしました。

h30hitohaku2kaime8 h30hitohaku2kaime9

参加した40人がみんなそれぞれ、40通りの工夫を凝らしデザインし、素敵なペーパークラフトが完成しました。

h30hitohaku2kaime10

大平先生、楽しい講義と演習ありがとうございました。次回の人博連携セミナーは、6月22日(金)池田忠広研究員より、『下部白亜紀景篠山層群から発見されている脊椎動物化石』をテーマに、恐竜類をはじめとした脊椎動物化石の発掘調査の概要、最新の研究成果について学びます。とっても楽しみです。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。