福祉講演会(手話講習会①)

9月11日(月)3年次福祉系列選択生徒へ向けて、三田市手話サークル礎さん含め2名の講師の方にお越しいただき、手話講習会が開かれました。

まず、聴覚障害を持つ方とのコミュニケーション方法について考え、その多さを知ることができました。ジェスチャーに加えて、表情や指さしで表したり、口話や空書、最近ではスマホに文字を打って見せる等、手話以外にも私たちにできることはたくさんありました。

また、口の動きだけで言葉を読みとったり伝えたりすることは難しく、ジェスチャーを付けると伝わりやすくなることも体験をとおして知ることができました。「手話ができないとコミュニケーションが取れない」といった考えに固まらず、柔軟にやりとりできるよう意識しておきたいと思います。

cimg3801  cimg3803  cimg3807

三田市では、この4月に「手話言語条例」が制定され、手話のますますの普及が求められています。少しでも多くの手話を覚え、コミュニケーションが取れるようにしていきたいです。有馬高校での手話講習会 はあと4回続きます。講師の先生方、よろしくお願いします。

カテゴリー: 70回生, 総合学科 パーマリンク