人と自然科 卒業生を囲む会実施

 3月3日(水)人と自然科2年生の生徒を対象に、卒業生を囲む会が開催されました。この会は3月に卒業を迎えたばかりの先輩方に来校いただき、自分の目標としてきた進路を実現した経験を後輩に伝えるという、先輩、後輩のつながりが強い人と自然科ならではの伝統行事です。

 3日前に卒業式を終えたばかりの先輩。今年は島根大学、摂南大学、大阪経済大学、県立農業大学校・東洋食品工業短期大学、神戸医療福祉専門学校、駿河生産プラットフォーム株式会社に進学、就職する7名の卒業生に代表として快く来校して頂きました。そして特別ゲストとして、3年前に人と自然科を卒業し、現在兵庫県の職員として兵庫県農業水産総合技術センターに務めている先輩も飛び入り参加して頂きました。

 まずは進学先・就職先も含めた自己紹介。数日前まで学生服姿で顔を合わせていた先輩方ですが、スーツ姿に変わりずいぶん大人に感じました。

 自己紹介の後は、質疑応答を通した先輩からのアドバイスです。進路を決めた時期やきっかけ、後悔していること、やっておいたほうがいいことなど、アドバイスをいただきました。

・とにかく毎日の学校生活をしっかり充実させること。そして自分だけのアピールポイントを増やすこと。

・どのような進路を選ぶにしても、事前の準備は大切。また、進学するとしたら進学先をしっかり調べておくことが重要。

・人と自然科はたくさんの資格取得が可能なので、多くとっておいたほうがいい。でも資格に頼りすぎてもだめ。

などなど元人と自然科の生徒だからこそ話せる具体的なアドバイスを多く頂きました。2年生の生徒も先輩の話を真剣に聞き、メモをしっかりとっていました。

 そして就職、公務員、大学、短期大学、専門学校、農業大学校の6グループに分かれて座談会です。

・指定校推薦と総合型選抜など入試方式の違いなどの情報を得るために進路指導室を有効に活用する。

・筆記試験ではグラフを読み取る問題も出るので鍛えておく。面接では3年生の課題研究の内容が総合型選抜入試や推薦入試で聞かれるのでしっかり取り組んでおいたほうがいい。

・自分の長所と短所は周りの友人に聞いてみると、気付いていない点が見つかる。

・面接練習を農場の先生方も含めてたくさんやったほうがいい。

・面接に対応するために、日頃から情報を仕入れておくこと。(教室に置いてある日本農業新聞を日頃から読んでおくのがおすすめ)

・日々の勉強を頑張り、評定を上げておくことに超したことはない。(保険にもなる)

・就職を軽くみない方がいい。就職希望者ほど勉強が必要。

・新型コロナウィルスの感染拡大でオープンキャンパスがオンラインになっているので注意しておくこと。

などなど、たくさんの質問に答えてくださいました。最後に2年生生徒代表から『お忙しい中私たちのために来て下さりありがとうございました。今日聞いたこと参考に頑張ります。先輩も新しい場所で頑張ってください。』とお礼の言葉を送り、卒業生を囲む会は終了しました。

  終了後に書いてもらったアンケートを見て見ると

・卒業生を囲む会を通して改めて進路について考え直すことができた。

・不安に思っていたことをたくさんの質問にし、丁寧に答えて下さり、気持ちが少し軽くなった。

・スーツを着た先輩と話していたら、遠い存在に感じ、憧れをもった。私も進路実現できるように頑張りたい。

など、2年生にとって忘れられない1時間となったようです。

 新生活の準備で忙しい中、後輩のために時間を作ってくださいました8名の卒業生の皆さん。本当にありがとうございました。このようにOB・OGがサポートしてくれるのも人と自然科の大きな魅力ですね。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ | 人と自然科 卒業生を囲む会実施 はコメントを受け付けていません

第73回卒業証書授与式

令和3年2月27日(土)、第73回卒業証書授与式が行われました。

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が発出中ではありましたが、無事執り行うことができました。

式は次第通り、滞りなく進められました。

卒業生の皆さん、おめでとうございます。皆さんの今後の活躍を祈念いたします。

カテゴリー: 未分類 | 第73回卒業証書授与式 はコメントを受け付けていません

福祉講演会(発達障害の理解)

2月10日(水)2年次「介護福祉基礎」選択生徒に向けて、『発達障害の理解』と題し、Office Unbalanceの代表 元村様よりお話いただきました。

発達障害とは、生まれつきの脳機能の障害によるもので、ADHDや学習障害、自 閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群、自閉症など)が含まれます。元村さん自身も発達障害を抱えておられ、当事者として具体的なお話をたくさんしていただくことができました。

社会性の障害、コミュニケーションの障害、想像力の障害などさまざまな側面を持っています。感覚過敏や感覚鈍麻もあり、生涯にわたってそのような特徴を持ち続けるとされています。

発達の凸凹(得意、不得意)は誰にでもありますが、その人を取り巻く環境によって、発達障害が形成されていくのではないかとお話されていました。100人の発達障害者がいたら、100通りの症状があります。一人一人に寄り添い、「肯定する」という支援がとても大切であると学びました。

お忙しい中お越しいただき、また、貴重な資料のご準備もありがとうございました。

カテゴリー: 74回生, 総合学科 | 福祉講演会(発達障害の理解) はコメントを受け付けていません

75回生 学年スポーツ大会~立春の日に~

2月3日(水)6限LHRの時間に学年スポーツ大会を行いました。立春の日、穏やかな日和となり、グランドに出て思いっきり体を動かしました。

種目はドッジボール。男女混合チームで、男子が女子に当てる時は利き手と反対の手で投げるという特別ルールです。

新型コロナ感染症対策としてグランドに入る前には手指消毒をし、マスク着用で密を避けるよう気を付けました。

準備体操の後、体育委員を中心に各コートに分かれてゲームを進行しました。 ボールを2個同時に使うのでどこから狙われているのかわかりません。10分間の試合時間で残り2分になるとさらにボールが1個追加されて3個になります。もうどこを見てよいか分からず、ただ逃げ惑うばかりです。その頃には体も温まり、汗をかいて頭から湯気の上がっている人もいました。

まだ名ばかりの春の日の青空に笑いと歓声が響き渡った楽しいひと時でした。

カテゴリー: 未分類 | 75回生 学年スポーツ大会~立春の日に~ はコメントを受け付けていません

「産業社会と人間」小論文講座

2月5日(金)の「産業社会と人間」は、第一学習社の森岡先生にお越しいただき、小論文講座を実施しました。

講義の内容は、なぜ今小論文が必要なのか、小論文と作文の違い、構成の方法、小論文の書き方、上達のために必要なこと、書くときの注意点などで、小論文を書くにあたっての心構えからテクニックまで細部にわたってお話しいただきました。

生徒たちは、とても真剣に参加し、先生の出される課題にも積極的に取り組んでいました。次回12日(金)は3月5日の小論文模試を向け、実際に「人はなぜ働くのか」というテーマで構成を考えて下書きをしていきます。

この取り組みは、実際に職業人にインタビューする「プロフェッショナルin有馬」、将来の夢を表現する「2分間スピーチ」、そして働くことの意義を文章で伝える「小論文を書く」という、本校総合学科1年次キャリアガイダンスの最終プログラムです。

カテゴリー: 未分類 | 「産業社会と人間」小論文講座 はコメントを受け付けていません

2月2日 ハニーFMに出演しました!

22日(火)総合学科1年次生(WILLスタッフ)の3名がハニーFM「ハイスクール特派員」のコーナーに出演しました。

今回、有馬高校は、130日(土)に行われた「学習活動発表会」をテーマに出演させていただきました。

収録前から「何を話そうか」「このことを聞かれたらうまく話せるかな…」と不安そうな様子も見え、とても緊張している様子…

 …でしたが、さすがWILLスタッフ。

発表会の準備から発表後の学びまで、振り返り、伝えることができていました。

WILLスタッフは、学習活動発表会の運営を任されています。PC操作や照明操作、舞台設営など、全ての発表が良いものとなるように何度もリハーサルをし、確認していきました。また、総合学科ならではの科目「産業社会と人間」の発表も行います。今年度は、劇形式で発表しました。FM出演者の3名は劇のシナリオを作成したメンバーでもあったため、苦労話もしっかり話せたようです。

また、日ごろの学校生活や学びの内容と成果、2年次に向けての抱負、将来の夢についても自信をもって答えていました。

このWILLスタッフでの経験を活かし2年次でも多くの活躍を期待しています!!

 

ハニーFMの皆さま、ありがとうございました! また、日頃からご支援いただいております保護者の皆さま、地域の皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。
カテゴリー: 未分類 | 2月2日 ハニーFMに出演しました! はコメントを受け付けていません

「ビジネス実務」の授業でオンライン特別講義を行いました!

2021年1月20日(水曜日)

商業の科目「ビジネス実務」を選択している3年生17名が、宮城県南三陸町にある観光協会職員の方とのテレビ会議に挑戦しました。 生徒自ら授業計画や、教科書に基づいた質問内容、会場の設営など特別講義に必要な準備に取り組みました。各班の代表者による自己紹介等にも細かな工夫を凝らしました。講師の先生からは、パワーポイントを用いた南三陸町の様子や観光協会の事業等を震災直後から時系列にご説明頂きました。更に私たちの質問に詳しく丁寧に答えてくださり、質問以上のことを知り、学びを確認することもできました。初対面の方に対して自分たちの表情が固い、会話に膨らみを持たすことができないなどの課題も残りましたが、やり遂げた達成感を味わうことが出来ました。「地域に根付いたDNAを大切に、自分の考えを信じ、恐れずに行動すること」を今後も実践して行きたいと思いました。

カテゴリー: 73回生, 商業部, 総合学科 | 「ビジネス実務」の授業でオンライン特別講義を行いました! はコメントを受け付けていません

学習活動発表会

1月30日(土)、学習活動発表会が行われました。総合学科・人と自然科、各学年が学習の成果の発表を行いました。

全生徒、1年間の学習の成果を多くの方々に見ていただけるように、時間をかけて準備をして参りましたが、昨今の状況を踏まえ校内のみでの発表会となりました。

自身が深めた学びをどのように表現するのか、展示物や発表方法に各自の工夫が数多く見られました。

全生徒にとってこれからの学びをより深めていくことのできる機会になりました。

感染症対策のため、校内のみでの開催となりましたが、後日発表会の内容をまとめたものを配信予定です。楽しみにお待ちください。

カテゴリー: 学校行事 | 学習活動発表会 はコメントを受け付けていません

人と自然科 第2回 先輩農業者による特別授業実施

 1月28日(木)人と自然科1年生を対象に、先輩農業者特別授業を講義棟にて実施しました。この授業は阪神農業改良普及センター様と連携させて頂き、地域で活躍されている農家の方をお招きし、直接講義を頂くことで、将来の就農・進路につなげようという取り組みです。ちなみに今年は9月に3年生を対象に施設野菜をされている青年農業士の小寺清隆さんに講義をしていただき、11月には2年生を対象に、農業先進地見学(バスセミナー)を実施しました。

第1回 先輩農業者による特別授業の記事はこちら

農業先進地見学についての記事はこちら

 新型コロナウィルスに万一にも感染、拡大しないように、手指消毒をしての入場、座席の前後の間隔を十分とり、マスク完全着用・・・など細心の注意を払いながら実施しました。

 今回お話しいただいたのは、今年度から独立就農という夢を実現された、キュウリ、ナス、タマネギなどの野菜を中心に栽培している「こはるファーム」の徳毛小春さんです。7年前に本校人と自然科を卒業された私たちの先輩です。

 非農家出身である徳毛先輩は、中学校の「トライやるウィーク」で農業を体験したことがきっかけで、将来は農業を仕事にしたいと考えるようになり、有馬高校人と自然科に進学しました。高校在学中も夢を叶えるために農業実習や農業インターンシップに積極的に取組み、先生の後押しもあって兵庫県立農業大学校に進学しました。そして卒業後は約4年間三田市の農業法人に雇用就農し、親方農家から技術だけでなく、販売方法、資金面などの経営についてなど、様々なことを学んだそうです。そして昨年4月に農業法人を退社し、認定新規就農者として独立就農を果たしました。

 徳毛先輩からは、独立就農に向けて農地や資金を確保するために普及センターや親方農家、先輩農業者に積極的に相談した・・・・など就農するまでの道筋について具体的にお話しいただき、さらに1年目となる「こはるファーム」での工夫や苦労について、本音の話をしていただきました。

 農家を仕事として成立させるためには、経営を安定させること、つまり一定の利益を得ることが必要です。そのために大切なことは「経営計画」が重要で、1年中作物を栽培、収穫することや、販売価格、販売方法の見極めが重要とのことです。また、こはるファームでも宅配などで直接消費者に販売する手法を取り入れているようですが、お客様からの入金や寄せられた意見への対応などの迅速に行うことが大切だと言うことも、自身の経験から教えていただきました。

 そして今回の講演で(ブログ作成者のなかで)一番印象に残ったことは「これまでの経験から気付いたことは、結局 人とのつながりが大切!」という言葉です。地域の行事等にも積極的に参加し、コミュニケーションをとることで信頼を少しづつ積み重ねてていき、困ったときに助けてくれる関係性を築くこと。そして様々な会合に顔を出し、多くの人と出会い情報交換を行うことがチャンスにつながること・・・などつながりの重要性を教えていただきました。そして決して一人で抱えず、周りにいる信頼できる人に相談する。これは農業をする、しないに関係なく、大切なことだと感じました。

 最後に徳毛先輩と同じ、有馬高校人と自然科で学ぶ私たちへ「学生のうちにしておくこと」というメッセージも頂きました。とにかく学校生活を楽しむこと。そして実習などで教わる技術を身につけておくこと、さらに進路を決める時には将来につながる目標を持つということです。そして必ず有馬高校人と自然科で学んだことがこれからにつながっていくと教えていただきました。夢を叶えた同年代の先輩からの熱い話に、みんな真剣、メモをとりながら話しを聞く生徒もいました。

 さらに講演後も先輩の元に質問に向かう姿も見られるなど、充実した講演となりました。

 徳毛小春先輩、お忙しい中興味深いお話本当にありがとうございました。そして阪神農業改良普及センターの皆様、このような機会をいただき、本当にありがとうございました。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ | 人と自然科 第2回 先輩農業者による特別授業実施 はコメントを受け付けていません

総合学科2年次福祉系列 ユニバーサルデザイン見学ツアー

1月27日(水)総合学科2年次の福祉授業を選択している生徒9名が、三田市社会福祉協議会を訪れ、ユニバーサルデザイン見学ツアーに参加してきました。

例年は、デイサービスでレクリエーション実習を実施させていただいておりますが、新型コロナウイルスの影響で延期となりました(記念品のみお渡しできました)。その中でも施設見学は受け入れてくださいましたので、お邪魔してきました。

まずは、社会福祉協議会の地域での役割について伺いました。その後ユニバーサルデザインとは何か、というお話や施設内の見学、また、身近なユニバーサルデザインについても教えていただき、たくさんの発見がありました。

いくら施設設備や環境が整っていても、足りないこともあります。困っている方がいらっしゃれば足を止めて声をかけてください、とのアドバイスをいただきましたので、今後実践していきたいと思います。お忙しい中ありがとうございました。

カテゴリー: 74回生, 総合学科 | 総合学科2年次福祉系列 ユニバーサルデザイン見学ツアー はコメントを受け付けていません