人と自然科 椎茸の菌打ち体験イベントに参加

2月15日(土)県立有馬富士公園にて椎茸菌打ち体験イベントが開催され、本校人と自然科1.2年生の有志生徒8名が参加しました。

県立有馬富士公園では、公園を愛する地域のボランティアの方が、自分たちの特技を活かして公園利用者に様々な体験プログラムなどを提供する「ありまふじ夢プログラム」が展開されており、人と自然科3年生学校設定科目「地域自然保護」の中でも夢プログラムの企画・実施に取り組んでいます。

今年度の「地域自然保護」で生徒が企画、実施した夢プログラムの記事はこちら

そして今回のイベントは、授業でもお世話になっており、有馬藤公園内の里山を管理したり、山の恵みを活かした体験プログラムを提供しておられる緑の環境クラブが主催しています。

今年度の地域自然保護 緑の環境クラブからの授業内容はこちら

会場到着後、まずはくじを引きます。

シイタケ菌を打ち込む原木の榾木(ほだぎ)を選ぶ順番を決めるためです。

そして開会式。緑の環境クラブの北田代表より、今日は子供たちから高校生、尼崎信用組合の社員の方、お父さん、お母さん、お年寄りまで幅広い世代の方が参加しています。楽しく、安全に頑張りましょう・・・との挨拶をいただきました。

早速菌打ちイベントの開始です。安全に体験を行う注意点を教えていただいた後、受付の時にくじを引いた抽選順に原木を選びます。

緑の環境クラブの方のお話では、少し太めで、コケなど他の菌が付着していないものがよいとのことでした。

選んだ原木に、ドリルで穴をあけるしるしをチョークでつけていきます。間隔は12㎝。90度ずつ4列、千鳥(互い違い)にしるしをつけていきます。

そしてドリルで穴をあけていきます。ドリルの刃は回しながら抜くのが上手くするポイントです。

穴をあけたら、シイタケ菌を繁殖させた木たぼを打ち込んでいきます。

なるべく私たちの手に付着している常在菌が付かないように、素手ではなく手袋を装着し木タボを触ります。そして打ち込むとき、丸太の面と同じレベルまで打ちこみます。

完成です。今回菌打ちした原木はお土産でみんな新聞紙に包んで大事そうに自宅に持ち帰りました。

最後に今後の管理方法について説明をいただきました。

菌打ち後は2~3ヶ月間、地面から少し浮かせ、寝かせて管理します。木漏れ日が当たるくらいの日陰で、水を与えるときは、水道水を1日寝かせ、カルキを抜きます。(塩素が椎茸菌を痛める可能性があるためです)

そして梅雨前には原木を立てて管理します。月1回上下反転させるとなおベストです。

そして二夏経過後の秋から椎茸ができはじめ(上手くいくと一夏経過後でもできることがあるようです)、3~5年間春と秋を中心に収穫できます。以下写真は完成予定の原木です。

収穫までまだまだかかりますが、各自自宅で育てていきましょう。(ちなみに有馬高校でも、原木でのシイタケ栽培を学ぶことができます。)

最後に有馬富士を背にみんなで集合写真です。緑の環境クラブの皆様、一緒にイベントを体験した皆様、楽しい時間をありがとうございました。

番外編 

現在有馬富士公園パークセンター壁面にて、今年度地域自然保護で生徒が企画、実施した夢プログラムの内容を模造紙にて展示しております。来園の際は是非ご覧下さい。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ | 人と自然科 椎茸の菌打ち体験イベントに参加 はコメントを受け付けていません。

人と自然科 人と自然の博物館 第15回共生のひろばにてポスター発表

2月11日(火)兵庫県立人と自然の博物館にて第15回共生のひろばが開催され、本校人と自然科の有志生徒4名が県立農業高校の生徒1名と合同でポスター発表を行いました。

毎年人と自然の博物館で開催される「共生のひろば」では、博物館研究員はもちろん、連携活動グループをはじめ、様々な立場の方が地域の自然や環境、地域づくり等について研究発表する場です。世代を越え立場を越えて、相互に情報交換や交流を行うことで活動の輪をひろげることや、新たな活動のヒントを得る場となることを目的としています。

人と自然科の生徒が今年発表したテーマは

「有馬高校における30年間の気象観測データ~平成元年から平成30年にかけて測定した気温の変化と近年の農作物の影響~

です。

 人と自然科では365日、朝9:00に欠かさず百葉箱の温度(最高・最低)、湿度、降水量、雲量、天気、風向、風量を観測し、記録をしています。何十年蓄積した膨大なデータを3年生の生徒が「農業情報処理」の授業でデータベース化し、受け継いだ1年生の生徒が「農業と環境」の授業でスイートコーンやダイコン・ハクサイ、ブドウのベリーAを実際に栽培した経験を基に分析、考査し、今回ポスター発表を行いました。

30年前から現在に至るまでの変化を考察した結果、平均気温で夏日に達するのが半月程早い傾向があり、さらに真夏日に達するのが半月程早い傾向にあることがわかりました。

また、1年間の栽培実習を通して学びや経験、そして担当の先生から聞き取り調査をした結果、気温の変化が農作物へ影響していることもわかりました。

ブドウベリーAの栽培ではジベレリン処理1回目の適期が以前は5月下旬でしたが、5年程前より5月中旬が適期に変化したとのこと。また、 収穫適期が約1週間早まり、販売日も10年前と比較し1週間早くなり、さらに10年前はあまりなかった袋の中で腐敗する果実が毎年確認されるようになりました。

野菜の栽培では、冬場の病害虫被害が顕著で、今年も長く続く高温によりヨトウムシやアオムシなどの害虫発生が11月中旬から下旬まで見られました。また、病気が発生した際には拡散力が大きく、薬散の回数も制限があるため、今年はハクサイでの軟腐病の被害が拡大しました。

一方でお花の栽培では、冬場の暖房に使用される重油の消費量がここ数年間、想定よりも低く抑えられているということもわかりました。

このような内容を今回ポスター発表しました。当日は小学生から年配の方まで多くの方が私たちの研究成果に興味を持ってくださり、様々な意見をお聞きすることができました。また、約80の参加団体のユニークな研究・活動成果を口頭発表やポスター発表で知ることができ、充実した1日となりました。

私たちの研究内容に興味を持って聞きに来てくださった皆様、ありがとうございました。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ | 人と自然科 人と自然の博物館 第15回共生のひろばにてポスター発表 はコメントを受け付けていません。

人と自然科 農業クラブ県第3回理事会&全国大会ポスターなど表彰式出席

2月7日(金)上郡高校で開催された農業クラブ県第3回理事会に、農業クラブ新旧会長(理事)、ならびにクラブ員3名が参加しました。

人と自然科のように、全国の農業に関連する学科で学ぶ生徒は全員『農業クラブ』という組織に所属します。そして県内外の農業高校生と交流したり、農業について学んだことを全国約9万人の農業高校生と競い合う各種競技会に挑戦したりしています。

この日は兵庫県内の農業クラブ(農業系高校)11校の代表が今年度兵庫県学校農業クラブ連盟の事務局を務めている上郡高校に集い、1年間の活動報告や予算執行状況の確認、次年度の各種競技会やリーダー講習会など県連盟活動方針などについて話し合いました。

事務局より今年度の活動報告や予算執行状況などの報告があり、理事の挙手により提案されたすべての議案が承認されました。また各校理事から、今年度の県連盟活動についての反省も報告されました。

理事会の最後には、令和3年度に兵庫県で開催される第72回日本学校農業クラブ全国大会兵庫大会のスローガン、シンボルマーク、マスコットキャラクター、ポスターの原案者に対する表彰式が行われました。

近畿6府県の農業高校生から募集し、応募総数143作品から生徒実行委員会で選ばれました。選考の結果なんと2つ選ばれるスローガンのうちの一つをのぞき、すべての作品が有馬高校人と自然科の生徒が応募した作品が選ばれました。

スローガン 人と自然科3年 藤井 綾乃さん

舞い上がれ コウノトリのように空高く 今こそ風立つ 農ク旋風

ポスター  人と自然科3年 大野 紗椰さん

コウノトリが力強く空を舞い、西播地域のヒマワリ、トマトや山田錦など多様な兵庫の農業を表現している素晴らしいデザインですね。

シンボルマーク・マスコットキャラクター 人と自然科1年 御手洗 梓さん(ダブル受賞です)

シンボルマークには兵庫の県花ノジギクやコウノトリ・明石のたこ・お酒等の特産品を散りばめています。またマスコットキャラクター「たまもー」は兵庫県特産の但馬牛が淡路のタマネギのバックをかけています。顔は山田錦のお米の形をしています。とてもかわいいですね。

会議終了後は交流会です。交流会の中身は・・・

パンケーキを囲んでの交流会。今回の会議で各校の役員が集まるのが最後となります。

パンケーキを食べながら楽しくおしゃべりしたり写真を撮ったり楽しい時間が過ごせたようです。

名残惜しいですが、交流会は盛会のうちに終了。最後は当然FFJの歌斉唱です。

朝の連続テレビ小説『なつぞら』でも話題となったFFJの歌は、全国の農業高校生が歌える農業クラブ連盟歌です。FFJの歌を歌うのが今日で最後の生徒も多い中、みんなで心を込めて歌いました。

この会議で今年度の農業クラブ県連盟行事はすべて終了。3年生の皆さん3年間お疲れ様でした。1.2年生の皆さん、先輩から引き継いだ農業クラブをさらに盛り上げ、2年後の全国大会成功に向け突っ走っていきましょう。

中学生の皆さん。来週に迫った推薦入試頑張ってください。そして人と自然科で行われる普段の授業や実習、農業クラブ活動を通して、私たちと一緒に楽しく学習、活動していきましょう。皆さんの入学を在校生一同、心からお待ちしています。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ | 人と自然科 農業クラブ県第3回理事会&全国大会ポスターなど表彰式出席 はコメントを受け付けていません。

人と自然科 兵庫県庁緑化実施

2月4日(火)有馬高校人と自然科の農業クラブ専門班 フラワーアレンジメント班のメンバー4人が兵庫県庁を訪れ、緑化活動に取り組みました。

兵庫県には農水産高校が11校あり、1年を通して各校が輪番で県庁2号館ロビーに草花苗や観葉植物などの実習作品を展示し、緑化を通して庁舎の環境整備に貢献しています。

昨年度兵庫県教育長から感謝状をいただいた記事はこちら

今回の装飾は、今年7月に開催される東京オリンピックがテーマです。

真ん中には日本の象徴でもある富士山を配置。両サイドにはオリンピックマスコットキャラクター「ミライトワ」とパラリンピックマスコットキャラクターの「ソメイティー」が立っています。そして後方中央には五輪と燃え上がる聖火台。さらに後方両サイドには開催都市である東京のシンボル、東京タワーとスカイツリーが配置されています。

これらはすべてアーティフィシャルフラワーで表現されており、フラワーアレンジメント班の生徒が1ヶ月以上かけて完成させました。素晴らしい作品ですね。

生徒が作成したこの作品は、2月いっぱい兵庫県庁2号館ロビーにて展示しています。県庁を訪れる際はぜひご覧ください。

カテゴリー: 人と自然科, 農業クラブ | 人と自然科 兵庫県庁緑化実施 はコメントを受け付けていません。

バドミントン部 学年別大会 結果報告

令和2年2月1日(土)・2日(日)、令和元年度神戸地区バドミントン学年別大会が開催され、本校のバドミントン部48名が出場しました。1年女子シングルスでは、湯井彩葉さんが準優勝を果たしました!!厳しい試合を何度も逆転しての勝利でした。
一方で、悔しい思いをした部員も多くいました。この悔しさは最後の総体で晴らすしかありません!!5月の総体に向けて1日1日の練習を大切にしていきましょう!!

【結果報告】
男子2年 ダブルス・・・芦田 牛島ペア ベスト8
男子2年 シングルス・・芦田 ベスト16 、保子 ベスト32
男子1年 ダブルス・・・加波 田島ペア ベスト32
男子1年 シングルス・・加波 ベスト16 、田島 ベスト32

女子2年 ダブルス・・・福西 向井ペア ベスト16
女子2年 シングルス・・福西 ベスト16
女子1年 ダブルス・・・湯井 阪本ペア ベスト16
女子1年 シングルス・・湯井 準優勝 、喜多 ベスト32

カテゴリー: クラブ活動, バドミントン部 | バドミントン部 学年別大会 結果報告 はコメントを受け付けていません。

令和元年度 学習活動発表会

2月1日(土)、学習活動発表会が行われました。

 

1年間の学習の成果を、多くの方に見ていただけるよう、オープンハイスクールとして位置づけ、総合学科、人と自然科ともに全校生徒で取り組んでまいりました。

  

  

  

 

ステージ発表は生徒が主体となって進行を行いました。それぞれの学年での取り組み、修学旅行の成果、特色のある授業や課題研究の成果が披露されました。

 

  

  

 

 

スライドを使った発表のあと、終盤は3年生による農業意見発表と、生徒代表のあいさつが行われました。最後は生徒会長による閉会宣言でフィナーレです。

ご来賓、保護者の皆さま、また中学生の皆さんにも多数参加、観覧いただきました。寒い中足を運んでいただき、誠にありがとうございました。生徒は時間をかけて今日のために準備してまいりました。この成果が、今後の更なる深い学びにつながっていくことと思います。

カテゴリー: オープンハイスクール, 学校行事 | 令和元年度 学習活動発表会 はコメントを受け付けていません。

マラソン大会

1月30日(木)、校内マラソン大会が開催されました。

  

天気予報が嘘のように、晴天に恵まれました。気温もさほど下がらず、まさにマラソン日和となりました。

  

生徒は各々の力や体調に合わせ、レースに臨みました。懸命に走る生徒の姿に、運営に従事した職員や、ボランティアとして参加してくれた3年生も、つい力が入り大きな声援を送りました。

 

  

体調を崩してしまった生徒も出てしまいましたが、みんなよく頑張りました。これを今後の、大きな自信にして欲しいと思います。

カテゴリー: 学校行事 | マラソン大会 はコメントを受け付けていません。

空手道部 7年連続近畿大会出場!

令和2年1月24日(金)~26日(日)に東大阪アリーナにて、令和元年度 第39回近畿高等学校空手道大会が開催されました。今年も部員数で苦戦する中、男子団体組手で出場することができました。有馬高校空手道部は平成25年度より7年間途切れず近畿大会出場を続けています。

お待たせいたしました。以下、試合結果をご報告いたします。

1回戦 対 和歌山南陵 3-0
2回戦 対 洛陽総合  0-5

1回戦を突破し、全力を尽くしましたが 結果は2回戦敗退。全国大会出場まであと2勝のところでしたが、強豪の集まる近畿で勝ち上がるのはそう容易いことではありませんでした。1ポイントを取ることすら許されなかった試合、リードしていたのに最後に逆転されてしまった試合などがありました。「勝てた試合だった」「もう少しポイントを取れたはず」と心残りな気持ちもありますが、この結果が今の自分たちの実力だと受け入れて、今回の近畿大会出場の経験を次の県総体に必ず繋げていきたいと思います。

県新人大会では『近畿大会出場』を目標に日々の練習に励んでいるという点では、その目標を達成することができました!しかし、次回県総体では近畿大会がなく、上位に入賞しなければ次の大会(全国大会)には繋がりません。覚悟を決めて、県のトップ選手になることを本気で目指してこれからも頑張っていきますので今後とも応援をよろしくお願いいたします!!!

会場に駆けつけて下さったご家族の方々や校長先生、応援してくださった生徒のみなさん、先生方、あたたかいご声援をありがとうございました(^_^)☆

カテゴリー: 空手道部 | 空手道部 7年連続近畿大会出場! はコメントを受け付けていません。

三田市バドミントン大会 結果報告

第24回三田市バドミントン年齢別大会が1月26日(日)に三田城山体育館で開催されました。本校バドミントン部44名が一般の部で参加しました。
この大会は三田市のバドミントン好きがたくさん集まるレベルの高い大会です。

女子一般2部で福西・湯井ペアが見事優勝を果たしました!!他の部員もレベルの高い相手と試合ができ、良い刺激をもらえた1日になりました。

今週末は、高体連主催の神戸市学年別大会!!自分の力を100%出し切れるようにしっかりと準備していきましょう!!

カテゴリー: クラブ活動, バドミントン部 | 三田市バドミントン大会 結果報告 はコメントを受け付けていません。

中国文化講座 ~中国結びと中国茶を楽しむ~

1月14日(火) 3,4時間目の中国語の授業で中国文化体験講座が開かれ、中国結びと中国茶について学びました。

中国結び講座では綺麗な紐を使ってトンボのストラップを作りました。講師の先生の説明通りに紐を編んでいくと個性豊かな可愛いトンボができました。

中国茶講座では、鉄観音茶(烏龍茶の一種)とバラの花茶、月餅をいただきました。中国のお茶は発酵度によって、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶、の6種類があり、鉄観音烏龍茶は半発酵の青茶になります。日本で飲んだことのある烏龍茶と違って金色に輝く香り豊かなお茶でした。バラの花茶は小さな茶葉の塊をガラス瓶に入れてお湯を注ぐと花や葉がゆっくりと開いて抽出されるお茶です。バラの香りが豊かなお茶を楽しみました。

中国結びや中国茶に関する中国語も学び、ますます中国文化への興味が高まりました。

カテゴリー: 未分類, 総合学科 | タグ: | 中国文化講座 ~中国結びと中国茶を楽しむ~ はコメントを受け付けていません。