42回生入学式

 心配された天気も晴れ間を見せ、42回生の入学を祝福しているようなこの佳き日に、第42回入学式を行いました。担任が新入生一人一人を呼名し、第42回生として200名の入学が許可されました。
 西校長からは、人生でも最も意義深い青春の3カ年を本校で送る新入生の皆さんに、次の3つのことを希望するという話がありました。
 1.「高い志を持ち続けてほしい」
 2.「確かな自分を作り上げてほしい」
 3.「良き友を得てほしい」
 そして、本校の校訓「自律」「創造」「敬愛」のもと、知・徳・体の調和のとれた、心豊かに、高い志を抱き、未来を主体的に切り拓いていく人間として成長していくことを心から期待していると、話されました。
 (式辞の全文はこちらに掲載しています)
 次に、新入生を代表して前田さんが宣誓を行いました。そして、谷川育久PTA会長よりご祝辞をいただきました。式の最後には、生徒会による「校歌」の披露がありました。
 入学式後には、中村生徒指導部長からスマホの使い方について、家でしっかり話し合いルールを作ろうという話が新入生・保護者にありました。さらに、保護者に対して、荒内学年主任からの挨拶の後、桑田進路指導部長から2年後から変わる入試システムについての話がありました。