第4回高校生のための科学講座

 11月18日(土)、兵庫県立大学理学部研究棟において実施されました。
 はじめに兵庫県立大学生命理学研究科伊藤恭子准教授による講演「なぜ呼吸するのか」を聴きました。その後相生高校6人、県大附属高校9人、龍野高校9人計24人を4つのグループに分け、以下の4つの実験を体験しました。
 ①パズルの中の物理―金属の話―
 ②金属錯体を「触媒」として使ってみよう!
 ③有機化合物を当てるー薄層クロマトグラフィー分析―  上2枚の写真
 ④絶対0度間近!―極低温のおもしろさー          下2枚の写真

 最後に大学院生総勢10名によるポスター発表を聴きました。
 詳しい原理等は説明を聞いてもまだほとんど理解できない様子でしたが、どれも興味のある実験や話であったので、生徒にとって大いに刺激になったことは間違いありません。