自然科学部「増位山定点観測に参加して」

 11月19日(日)に行われた増位山定点観測に参加しました。これは、増位山の四カ所で、植生の時間経過を観測するために行われています。
 今回私たちが担当したのは山の斜面と尾根にあたる2カ所で、それぞれ生えている植物の種類や割合を高さごとに調べました。同じ山でも、場所によって植生が異なることに驚きました。ほとんどの樹木は以前の調査と変わりがありませんでしたが、草本類はほとんど見られませんでした。原因としてシカの食害が考えられるそうです。
 今回初めて参加しましたが、調査区画の確認に始まり、種の同定や被度の求め方に至るまで、すべてが勉強になった一日でした。