千種川水生生物調査

 9月9日(土)土曜講座終了後に相生市矢野町森にて自然科学部9人と顧問2人計11人で例年通りの調査を行った。生徒は1人を除いて初めての体験ではあったが、スムーズにできた。水温、気温、川幅、水深、流速、川底の状態等を調べた後に1平方メートルの枠の中にどんな生物(水生昆虫)が何匹いるのか調査した。結果は以下のとおりである。
 水温21℃、気温23.5℃、川幅5.4m、水深15cm、流速29.5cm/s、川底はこぶし大の石
 カワゲラ16, ヒゲナガカワトビゲラ9, ニンギョウトビゲラ44
 ヒラタドロムシ58, カワニナ18
 例年より生物の数が少ないのは調査前の日に連続してまとまった降雨があったせいかも
しれない。調査後は小魚やミズカマキリ、アカハライモリを網ですくい学校で育てて観察することにした。初めての生徒が多く童心に返って笑顔があふれた調査であった。