インスパイア・ハイスクール事業特別講義 「英語でコミュニケーション~効果的な音読のあり方~」

 9月7日(木)7校時、1年生を対象に、神戸市外国語大学教授 野村和宏先生から「音読」の大切さについて講演していただきました。
 講演では、ことばの魅力のひとつは、その特徴的な「音」にあり、英語という「ことば」を学ぶ場合に、その「英語らしい」音を楽しむ効果的な方法が「音読」であること。「音読する」とは筆者が書いた英文の内容を読み手である自分が解釈し、音声という手段を通してそのメッセージを伝えることである。さらには、効果的に筆者の考えを伝えるために十分な理解と豊かな表現方法が必要であることなどを教えていただきました。

 「英語を読む練習で意識すること」(伝えたいメッセージを理解する。聴き手の存在を意識して読む。アイコンタクトをとる。くっきり読む、早く読むなど、様々な読み方で読む、など)を実際に体験しながら実践しました。また先生が毎朝、実践されている朝練特訓メニューも紹介して頂きました。

 最後に、Clement Clarke Moore の ’Twas the Night Before Christmas の素晴らしい朗読を聞かせて下さいました。

 この講演を通して、声に出して英文を読むことの楽しさを再発見し、今後、英語を勉強する上での大きなヒントをいただきました。