40周年記念式典

 相生高等学校は、皆様方に支えられて、創立40周年を迎えることができました。多くの皆様に深く感謝し、御礼申し上げます。
 11月8日の創立記念日に、40周年記念式典を行いました。式典には、相生市長をはじめ14名の来賓の方にご出席頂きました。

兵庫県立相生高等学校40周年記念式典 

平成28年11月8日(火)

午後1時30分開式

【記念式典】

開式の辞

国歌斉唱

校長式辞

来賓祝辞

 谷口芳紀相生市長

来賓紹介

祝電披露

記念事業実行委員長挨拶

PTA会長挨拶

生徒代表喜びの言葉

校歌斉唱

閉式の辞

〔休憩〕

【吹奏楽部記念演奏】

【記念講演】

 伊藤鐘史氏 神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属

(ラクビーワールドカップ2015日本代表)

演題「夢を実現するためのメンタリティ」

兵庫県立相生高等学校

体育館


 谷口市長から「40年という長い間、いろんな分野で活躍されている人材を輩出されていることに敬意をはらいます。部活動、ボランティアなどで地域貢献に感謝している。自分の人生を切り開いていく強い気持ち、志が大切。そのためには、綿密な計画が必要である。」とお言葉を頂きました。
 芦谷同窓会会長からは、40年前の思い出とともに、初代校長が開校式、入学式で言われた言葉を披露されました。


記念講演 講師伊藤鐘史さんP1030109P1030120
 記念講演では、ラクビーワールドカップ2015日本代表の伊藤鐘史さんにご講演頂きました。ラグビーに出会ってから代表として選ばれるまで。そして、代表として選出されてからの4年間についてお話頂きました。「『今を全力で!』どんな状況であっても縁のある所でとにかく頑張る。努力することで成長した自分に出会える。失敗したとしても、レベルが上がった自分になると、また次の目標に向かって頑張れる。」というメッセージを頂きました。
 講演後の質疑応答では、たくさんの手が上がりました。伊藤選手は、体や筋力の鍛え方、食事、生活のあり方などについて、自らの体験を交えながら、わかりやすく教えてくださいました。

 今回の式典を機に、私たちは40年にわたる先輩方の歩みを大切にしつつ、相生高校の更なる飛躍と発展に向けて弛まぬ努力を重ねる決意を新たにしました。
 今後とも、皆様方の温かいご支援、ご鞭撻をお願い申し上げます。