インスパイア・ハイスクール事業特別講義~「英語でコミュニケーション~効果的な音読のあり方~」

 10月27日(火)7校時、1年生を対象に、神戸市外国語大学教授 野村和宏先生から「音読」のあり方について講演していただきました。

 「音読する」とは筆者(=author)が書いた英文の内容を読み手である自分が解釈(interpret)し、音声という手段を通してそのメッセージを伝えることであると教えていただきました。さらには、効果的に筆者の考えを伝えるために十分な理解と豊かな表現方法が必要であるとも教えていただきました。

 実践として、教科書で学習した英文を読んだ際には、「キーワード」に注目したり、ポーズ(間)をとることで、効果的に内容が伝わることを実感しました。また、韻を踏んだリズミカルな詩(It’s Christmas by Louise Abney)を全員で音読しました。

 この演習を通して、声に出して英文を読むことの楽しさを再発見し、今後、英語を勉強する上での大きなヒントをいただきました。