「進路講演会」を実施(第1・2学年)

 3月4日(水)の4限に、キャリア教育の一環として、
  第1学年は「進路実現を目指して 今、何をなすべきか」というテーマでベネッセコーポレーションより、
  第2学年は「現役合格を勝ちとるために」というテーマで河合塾より
それぞれ講師をお招きし、進路講演会を行いました。

 各自の進路実現に向けて、大学入試の制度や学習方法など、講師の方々の熱い講演を聞き、具体的にどうすべきかよく分かり、頑張ろうという意欲がわきました。

   ▲1年生の講演会の様子

   ▲2年生の講演会の様子

「進路講演会」を実施(第1・2学年)” への3件のコメント

  1. ホームページでのコメントが出来ませんでしたので、ブログで・・・ありがとうございました。卒業証書授与式の様子を動画・静止画で見せていただきました。毎日繰り返し拝見しております。素晴らしい相高生活を送る出来ましたことを、又、折々の学校生活をホームページ・ブログで見せていただきありがとうございました。遠く住み・体力もない老人でございますがおかげさまで孫たちの素晴らしい相高生活を日々身近に感じさせていただきましたこと唯々感謝でございます。ありがとうございました。

    •  お孫さん、ご卒業おめでとうございます。そして、大学合格おめでとうございます。
       3年間、お孫さんの様子を気にかけていただき、遠方からホームページとブログをご覧いただきありがとうございました。担当者としても、ネット社会の便利な一面を実感させていただきました。
       お孫さんは卒業し、相高から巣立っていきましたが、今後とも相高をご支援いただきますよう、お願いいたします。

  2. 現在、中学二年生の娘に志望する高校を尋ねたところ、返ってきた言葉が「第一志望は、T高で、第二志望は相生高校かな。でも相高は柔道部が無いからどうしようかなぁ…」というものでした。
    私(パパ)の母校が”滑り止め”に位置づけられた屈辱感と現実を突きつけられた思いがしました。
    そういえば、最近の兵庫県内(西播・中播地域)高校の偏差値を見るとわが母校の相高よりもHM高やHS高の方が高かったことにショックを受けました。
    我々の時代から考えたらT高校がライバル校であり、「何でHMに負けるんや!」と思います。
    修学旅行で飛行機に乗って北海道へ行くのもええけど、もっと学力を向上させて”相高ブランド”の価値を高めて欲しいものです。
    HMなんかに負けるな、在校生諸君。。

コメントは受け付けていません。