インスパイア・ハイスクール事業 講義「分光器をつくって、光を見よう」

 2月9日(月)7限に、2年5組(理系クラス)の生徒対象に、「分光器をつくって、光を見よう」という演題で、アマチュア天文家で歯科医師の 川西浩陽 氏による講義を行いました。

 物理選択者は、ちょうど光を学習しているところで、授業で学んだ内容の実験・観察ができ、理解を深めることができたようです。また、案外簡単に作れた分光器で、さまざまな光源からの光を観察し、普通に見ると違いの全く分からない白熱灯と蛍光灯の光が、分光器を通して観察すると全く異なることや、太陽光を観察したときに生徒達から感嘆の声があがっていました。

 恒星の光を調べることで、その恒星を組成する元素を知ることができるなど、天文物理学の基礎であることも学びました。教科書に載ってある内容を体験することで、物理学をより身近に感じることができ、大学での研究や目指す職業を考えるきっかけになりました。

インスパイア・ハイスクール事業 講義「分光器をつくって、光を見よう」” への2件のコメント

  1. 夕食時に「分光器作ったんやね。光の見え方がどう違うの?」と息子に聞くと、光の説明から始めてくれたのですが、文系卒の私にはチンプンカンプン。その様子に気づいた息子は、部屋から分光器を持って来て、実際にその違いを見せてくれました。
    「うわー、ほんまや!すごーい!」高校生以上にはしゃいでいたかもしれません。
    ブログ投稿に感謝のひとときでした。

    •  ご家庭での会話にも「相高ブログ」を活用していただき、ありがとうございます。
       投稿いただいた内容からも、暖かいご家庭の様子が伝わってきます。
       持ち帰った分光器でご家族のかたも体験していただき、うれしい限りです。
       今後も相高の様子を「相高のホームページ」や「相高ブログ」にアップしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。