人権の夕べのつどい  に参加

 8月6日(水)午後6時から、相生市民会館で行われた「人権の夕べのつどい」に本校1年生5名(女子3名が受付、男子2名が司会)がボランティアとして参加しました。

 このつどいは、「人権文化をすすめる県民運動」強調月間の一環として、相生市が行っているもので、「愛あればこそ~求めて止まない詩(うた)がある~」と題したコンサートでした。

 シンガーソングライター梅原司平さんの歌とトークを通して、命や平和の尊さ、いじめや非行の問題、貧困や原発の問題などさまざまなことについて感じ、考えさせられる2時間でした。