43回生 一日バス旅行

 43回生は4月22日(木)に香川県にバス旅行に行きました。昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、修学旅行やその代替旅行も中止となってしまいました。それだけに生徒諸君は今回の旅行を心待ちにしつつも、本当に実施できるのだろうかと不安に思っていたようです。

 当日は天候に恵まれたこともあり、感染予防に配慮しながら、すべての行程を予定通りに実施することができました。

 朝8時に相生駅を出発し、一路香川県へ。山陽道から瀬戸大橋を渡り、途中与島SAでクラス写真を撮影した後、高松市にある「さぬき麺業」に到着。

 「さぬき麺業」では感染予防に気をつけながら「讃岐うどん」に舌鼓を打ち、社長じきじきに「讃岐うどん」の由来を説明していただきました。休憩をはさんで、うどん作りに挑戦。団子状になった小麦粉を手でこねて麺棒で伸ばし、包丁で細く切っていきました。みな慣れない作業ながら一生懸命取り組んでいました。さまざまな形に仕上がった自作のうどんを袋に入れ、お土産に持って帰りました。

 「さぬき麺業」を出発した後、四国水族館に到着。約一時間半自由に見学しました。四国水族館は規模こそ小さいものの昨年できたばかりなので非常に美しく、プロジェクトマッピングを使うなど生き物を魅力的に見せるための工夫がなされていました。生徒たちはスマホを手にして友だちと、あるいは魚たちと記念写真を撮っていました。イルカショーでは多くの生徒たちが歓声をあげながら童心に返って楽しんでいたように思います。

 帰りに再び与島SAに寄り、お土産を購入し、17:45に相生駅に帰って来ました。

 帰宅後書いた生徒の感想文には「久しぶりに楽しい思い出ができた」「いいリフレッシュができた」といった感想が多く見られました。いまだ新型コロナの感染拡大はやまず、我慢を強いられる日々が続きますが、これからも皆で協力して乗り越えていければと思います。また、今回協力してくださった多くの方に感謝したいと思います。ありがとうございました。