2年生 一日校内学習

 4月22日(木)、44回生は1日校内レクリエーションを行いました。本来であれば相生湾において「ペーロン乗船体験」を行う予定でありましたが、コロナ禍により、ペーロン祭以前の体験が不可能となり、校内での活動となりました。

 午前中は相高祭(文化祭)のクラスの演劇の企画を行いました。昨年度の相高祭の中止により、2年生は先輩方の演劇を鑑賞していないためイメージがつくりにくいということから、まず体育館において、相高祭の歴史について生徒指導部長から解説していただき、続いて過去の演劇を映像で鑑賞しました。その後、場所をHRに移しクラスごとに演劇の企画を行いました。

 天候に恵まれたため、昼休みには校外やグランドなどいろいろな場所で昼食をとり、ゆっくりと過ごしました。

 午後からはHR委員が企画した球技大会を開催しました。グランドではアルティメット(フライングディスクを使った競技)、ドッジボール、体育館ではバスケットボールがおこなわれ、白熱した戦いが展開されました。

 コロナ禍によりなかなか笑顔で過ごすことが難しい毎日ですが、みんなの笑顔であふれた一日となりました。