令和2年度 薬物乱用防止講演会

 3月8日(月)3・4限、1・2年生を対象に、姫路南少年サポートセンターから2名の講師を招いて、薬物乱用防止講演会を実施しました。毎年3月、1年生対象に実施していますが、昨年度は緊急事態宣言発令で中止となったため、今年度は2年生にも実施しました。
 講演の前半は、ゲートウェイ・ドラッグ(薬物依存の入り口)と言われるタバコ・お酒の害悪と依存性のお話を、そして後半は、姫路・西播磨管内の大麻等に関する捜査現場の生々しい実体験のお話を聞くことができました。講話の中にもありましたが、青少年の刑法犯は年々減少しているのに、薬物での検挙者は反対に増加している現状をしっかりと認識することができました。SNS等で簡単に手に入るようになっている危険性をしっかりと理解し、薬物には絶対に手を出してはいけないという考えを強く持てた講演会でした。