3学期始業式

 1月8日(金)、3学期始業式を行いました。
 3学期始業式も、新型コロナウイルス感染症対策のため、各教室で行いました。
 
 小西校長先生は式辞で次のようなお話をされました。
 「今日は『人まねのすすめ』を話します。皆さんは、赤ちゃんがどのようにして言葉を覚えていくのかを知っていますね。両親や兄姉、年長者のまねから始まります。
 小学生はどうでしょうか。ひらがな、漢字、かけ算、どのように覚えていきますか。先生のまねからスタートします。中学生になり、部活動が始まります。自分の好きな選手のフォームをまねしたり、好きなチームのウェアを着て、リスペクトなどしたりしますね。
 このように、自分の好きな人を『まねて形から入る』ということは、人間の進歩の根幹をなしてきていると言えます。『まねる』が変化して『まねぶ』、そして『まなぶ』になったと言われています。
  皆さんも、最初は憧れの人や、尊敬できる人のまねから始めてみてはいかがでしょうか。そして、その師匠を超えていくのです。『青は藍より出でて、藍より青し』という言葉があります。『青い色は藍という草から絞り込んでできたものですが、それはもとである藍よりもさらに青い』ということです。『門人が師よりも一歩進んだ修養ができている』という意味です。
 

『藍より青い』をひとつご紹介します。『呑牛の氣(どんぎゅうのき)』。これは、私が担任をした生徒が教員となり、その彼から新年の賀状をいただきました。『呑牛の氣(どんぎゅうのき)』、牛を丸呑みにするほど大きな心意気という意味から、やる気に満ちあふれていることをあらわすそうです。皆さんも、コロナ禍でも、ぶれない充実した高校生活を歩んでほしいと願い、エールを送ります。
 皆さんも自分が尊敬する『人のまねをすること』からスタートし、『藍より青い』人間になることを目指して、頑張っていきましょう。」 
(式辞の全文はこちらに掲載しています)  

 

始業式後、中村生徒指導部長より、次のようなお話がありました。  
  「私は歴史の教員ですので、社会に関する話を今日はします。2021年の干支は『かのと・うし』と読み、漢字では辛いという字と土用の丑の字を書きます。今から120年前、義和団事件の講和条約である北京議定書の別名です。そう、辛丑(しんちゅう)和約ですね。
  『辛丑(しんちゅう)』とはどんな年になるのか…?ネットで色々調べてみると…古きことに悩みながらも終わりを告げ、新しき芽生えを見いだす年になるそうです。何を終わらせ、何を見いだすのかはその人次第でしょうが、その指標となるのは各々の心の強さと日頃の行いだということだそうです。
  歴史を振り返り、未来の出来事を推測し、それに備えなければならないというのが東洋の考え方です。辛丑の年に大きな地震が2回もあったのなら、それに普段から備える必要もありますね。コロナで窮屈な世の中になっていますが、その中で、新しい芽生えの年であるとも言われています。皆さんがそれぞれ何かを見出していくのは、各人の日頃の行いです。
 校長先生も言われたように何かを目標にしてしっかり学ぶことが一番の近道かもしれません。皆さんの成長・進化に期待しています。」
 (式辞の全文はこちらに掲載しています)