スケアード・ストレイト自転車交通安全教室

 11月25日(水)午後、「スケアード・ストレイト自転車交通安全教室」が本校グラウンドで実施されました。”スケアード・ストレイト”とは”恐怖を直視させる”という意味で、スタントマンを使った疑似交通事故を間近で見学することにより、交通ルールを遵守することの大切さを体感させるものです。
 小西校長先生の挨拶の後、主催者である兵庫県庁交通安全室の沖様と相生警察署の早見様より講義して頂き、その後、シャドウ・スタントプロダクションによる迫力ある実演が行われました。車にはねられる自転車の激しい音や、トラックの内輪差、自転車のマナー違反による衝突等、生々しい実演を間近で体感することができました。最後の生徒会長の謝辞でもありましたが、目の前で交通事故を直視することができ、普段の自転車のマナーを考えさせられ、交通ルールを守ることの大切さを実感できました。身体を張った実演、本当にありがとうございました。