1学期終業式

 7月31日(金)、1学期終業式を行いました。今年度は、新型コロナウイルス感染症対策のため、放送により行いました。
 小西校長先生は式辞の中で、次のようなお話をされました。
  「この1学期には様々な事があったり、なくなったりしました。特に部活動で頑張ってきた多くの皆さんにとっては、大会や公演が次々に中止や延期になり、悲しい思いをした人が沢山いたと思います。しかしこのような状況の中でも、できることにしっかり取り組んできた皆さんがいたことを私は知っています。与えられた条件の下で、仲間とともに成長してきた皆さんのことを誇らしく思っています。よく頑張ってきました。
 そのような中で、今回皆さんに是非伝えておきたいことがあります。相生高校の先生方のご尽力です。前例のない事態に対応して、先生方は多くのアイディアを出して、何度も会議を開き、実践し、皆さんを引っ張っていってくれました。これからも何かあれば、先生方に遠慮なく相談して下さい。未来をつくっていく皆さんは、相生高校で多くのことを学び、吸収して、共に順調に、快調に、成長して行きましょう。」
  (式辞の全文はこちらに掲載しています。)
 始業式後、中村生徒指導部長より
 「周りに人がいる状況ではマスクの着用、外出時の手洗い・うがいの徹底、三密の回避、多人数での会食自粛、また、休み中の同窓会等には自粛の勇気を持つこと。そして感染拡大地への不要不急の外出自粛等、しっかりと各々が考えた行動をとって下さい。但し、普通に気をつけて生活をしていても、誰もがコロナウイルスの感染者や濃厚接触者になる可能性はあります。「罪を憎んで人を憎まず」という言葉がありますが、言葉を換えて「コロナを憎んで人を憎まず」と考えて下さい。コロナウイルスが悪いのであって、感染した人は悪いわけではありません。感染者や濃厚接触者に対する差別や偏見、いじめ・誹謗中傷等を行ったり、SNSに書き込んだりすることのないようにしましょう。」というお話がありました。