3学期始業式

 1月8日(水)が気象警報で臨時休校になったため、翌9日(木)に3学期始業式を行いました。小西校長から次のようなお話がありました。
  以下に、校長式辞の全文を掲載します。

 皆さん、明けましておめでとうございます。年末年始は穏やかな天気でした。良いお正月を迎えられましたでしょうか。
 今年は2020年。東京オリンピック・パラリンピックの年です。感動する楽しみなイベントがあります。彼らはいかにして、そのモチベーションを維持しているのでしょうか。エイミー・モーリンさんが著した「メンタルが強い人がやめた13の習慣」という本が全米で話題となっているそうです。「メンタルの強い人」はそれが最悪の状況だろうと人生最大の危機だろうと、なんとか切り抜ける方法を知っています。誰もがもっている13の思考習慣をやめれば、折れずにしなるレジリエンスな生き方ができる。あなたの一番悪い習慣が、あなたの価値を決めています。メンタルが強くなれば、最高の自分でいられます。いくつかを紹介します。
 
 1 時間をむだにしない。
 2 想定内のリスクを恐れない。
 3 同じ失敗を何度も繰り返さない。
 4 過去について、くよくよしない。
 5 一度の失敗であきらめない。
 6 ひとりの時間を怖がらない。
 
 この本は、著者のメンタルが極限まで弱った時に誕生しました。23歳で母をくも膜下出血のために亡くし、26歳のときに夫が心臓発作で突然逝ってしまうという不幸に見舞われたエイミーさん。愛する人を失って泣き、怒り、仕事を休んでひきこもり、心に決めた。泣きながら残りの人生を過ごすなんて、まっぴらだと。だからこそ、打ちのめされそうな自分を支えるために、いつのまにか染みついた13の習慣をやめることを。
 メンタルが強い人は、それが最悪の状況だろうと人生最大の危機だろうと、なんとかうまくやる方法を知っているタフな人たちです。誰もがもっているこの思考習慣をやめれば、折れずにしなるレジリエンスな生き方ができます。
 ではその、レジリエンスとは?
元々、工学や物理学の世界で使われていた言葉です。物質や物体に対して、外力が加わると変形します。そのとき、どれくらいその力を吸収できるか、元の形に戻ろうとすることができるかということです。その後、生体環境学や社会環境システム、心理学でも使われるようになりました。「ストレスや逆境にさらされても適応し、自分の目標を達成するために再起する力」です。
  レジリエンスの効果は?
  1 集中力高く、パフォーマンスを高めることができる。
 2 より創造的、包括的に問題解決ができる
 3 リスクを特定し、対応する能力を高めることができる。
 4 プレゼン能力を高めることができる。
  5 問題行動が減少する。
 複雑なあれこれに振り回されていようが、とんでもなく不安であろうが、自信がまるでなかろうが、トラウマを抱えていようが、大丈夫です。
さあ3学期が始まりました。それぞれの仕上げの学期です。特に3年生にとっては、相生高校を卒業するという、大きな意味合いを持っています。1・2年生は、次の学年への準備する学期、そして、後輩を迎える進化する相生高校を創り出す準備する学期です。みなさんにとっても成長する大切な時期です。自己決定に向けて、果敢にチャレンジしてください。先生方はしっかりとサポートします。期待し、応援します。