令和元年 2学期終業式 式辞

 長い2学期が終わろうとしています。
 体育大会や受験、新人戦、地域ボランティアなど多くの経験をしました。
 地域連携やボランティア活動を熱心にしてくれる生徒が大勢いて、大変嬉しいです。この経験をどう活かすかは、今後のあなたたちひとりひとりの取り組む姿勢次第です。楽しみにしています。
 今日は次のことを考えてみてください。Society5、0です。人間中心の社会Society。狩猟、農耕、工業、情報に続く、仮想空間と現実空間を高度に融合させ、少子化や過疎化などの課題を解決することを示してます。それには、AIが必要です。AIが現在ある仕事の中で、特に「資料整理」「文字入力」「機械類操作」はAIに取って替わるそうです。
 しかし、AIによって代替可能性が低い職業があります。クリエイティブや物理作業、複雑な判断を伴う作業は、AIが発展しても消えない職業だそうです。医者、教師、エンジニアや芸術、考古学、哲学等抽象的な概念の理解が求められる仕事、専門的なコミュニケーションや交渉が求められる仕事だそうです。AIが人間の感情や発言の裏側まで想定することができないから、そのような仕事の代わりは困難だろうと推測されます。
 次に、AIの発展で新しく生まれる仕事もあるそうです。まだ、今後どう展開するかわかりませんが、AIをよく知ることも、必要でしょう。
 将来を見通すことが困難で「正解のない時代」と言われています。皆さんに不安ばかり、募らせてしまっているかもしれません。
 そこで、皆さんにエールを送ります。変化の激しい時代です。好きなことをひとつだけやっていても、一生続けられないでしょう。好きなことを学び続け、キャリアを重ねながら、好きなことの幅を広げ、強みを増やしていくことが大切です。自分の強みになる要素をできるだけ、遠い領域の組み合わせで備えていることが大切です。
 例えば、私の知り合いの先生が、定年退職後、車椅子バスケットボール協会の仕事をされています。
① 英語ができる。ルールブックの翻訳や、国際大会の通訳など
② 車いすバスケットボールに詳しい国内大会の審判、国際大会のコミッショナーなど
 来年の東京パラリンピックのスタッフをされるそうです。
 社会課題を発掘する能力、いわゆる探究する能力があるといった組み合わせは理想的ですね。
 だからこそ、自分の得意分野、専門性とともに未知の領域に向き合い、やったことのないことに自信を持って取り組むことができる力を早い段階から養っておくことが求められます。
 進路選択において、大学、学部、学科を選ぶ際にも、これからはそういった力をつけられるかどうかが重要なポイントとなります。
 自己決定に向けて、果敢にチャレンジしてください。
 先生方はしっかりとサポートします。
 期待し、応援します。皆さん、よい年越しを。3学期の始業式で元気な姿を見せてください。