高校生・ふれあい育児体験(1年2組・1年4組)

 11月22日(金)、「高校生・ふれあい育児体験」も最終回、1年2組・1年4組の生徒が相生市立山手幼稚園にて行いました。
 2組は、屋外で鬼ごっこやサッカー、ボール投げ、かくれんぼをしたり、砂場や遊具で一緒に遊んだりしました。生徒たちは園児の視線に合わせて「何して遊ぶ?」などと優しく話しかけ、たのしそうに交流していました。最後は園児たちがつくってくれた花道を通って学校に帰りました。
 4組は、室内で4つのクラスに分かれて、担任の先生のピアノに合わせて、「じゃんけん列車」や「やきいもグーチーパー」などのゲームをしました。元気いっぱいの園児たちにつられて、生徒たちも自然と笑顔になっていました。最後に園児たちがお礼に歌を歌ってくれるクラスもありました。

 以下に、生徒の感想を一部掲載します。
・印象に残ったことは、同じ年齢だけど話の内容や発達の差があったことです。また、年齢関係なく1つの遊びを楽しんでいてとてもいいなぁと思いました。(1組 女子生徒)
・最初は子どもたちと打ち解けることができるのか不安でしたが、「子どもの前では常に笑顔でいる」ということを意識して接したら、すぐに打ち解けて楽しく触れ合うことができました。鉄棒の前回りや逆上がりをたくさん見せてくれました。ほめるとすごく嬉しそうで、私も幸せな気持ちになりました。(2組 女子生徒)
・僕のついていた男の子は、最初は恥ずかしくてハンカチでずっと顔を隠していたけど、「はずかしい?お兄ちゃんも小さい時そうやったよ」と話をしたら心を開いてくれたのか、名前とかもすぐ教えてくれてうれしかったです。(3組 男子生徒)
・伝えたいことを表情や動きで伝えようとしているのがわかりました。園児たちはとても素直でかわいかったです。また、園児たちの間で遊びに参加できない子がいたら、誘いにいくなどしていてやさしいと思いました。(4組 男子生徒)
・私と遊んでいた男の子はあまり感情を出さない子だけど、ボール遊びでずっと笑ってくれました。先生もこんなに大きな声で笑うなんてめずらしいと喜んでくださり、とてもうれしく、やりがいを感じました。(5組 女子生徒)
・自分から積極的に子どもたちに話しかけることで、子どもたちが少しずつ心を開いてくれて、たくさんお話を聞かせてくれました。また、子どもたちの発言に対して「すごいねぇ!」「そうなんだ!」と大きく反応してあげると夢中になってお話してくれました。(3年生 女子生徒)