日本知的障がい者ソフトボール連盟 西日本大会のボランティアへ野球部参加

 11月24日(日)日本知的障がい者ソフトボール連盟 西日本大会が相生市スポーツセンターで開催され、そのボランティアに相生高校野球部23名が参加しました。
 普段地域の方々に応援していただいていることから、地域への恩返しがしたいと参加しました。審判、ボールボーイ、グランド整備、記録員などそれぞれ分かれて活動しました。
 障がい者の方々がハツラツとプレイする姿を見て、スポーツの素晴らしさ、プレイすることへの喜び、仲間や相手を尊重し認め合えることの大切さを改めて実感し、高校野球をさせていただいていることへの感謝の気持ちや一緒に野球をしてくれている仲間の大切さを考えさせられる時間となりました。勝ち負けだけでなく、野球を通じて人として成長し、より周りの方々を大切にできる人になっていってくれることを期待しています。