高校生・ふれあい育児体験(1年1組・1年3組)

 11月5日(火)、1年1組・1年3組の生徒が、高校生就業体験事業の一環として「高校生・ふれあい育児体験」を相生市立山手幼稚園にて行いました。
 1組は、屋外で鬼ごっこやかくれんぼ、サッカーをしたり、砂場や遊具で一緒に遊んだりしました。また、この日は兵庫県の「津波一斉避難訓練」が実施されたため、防災無線が流れると遊びをいったんやめて避難の練習をしました。
 3組は、室内で4つのクラスに分かれて、じゃんけん列車やフルーツバスケット、イス取りゲームをしたり、絵本の読み聞かせやおままごとをしたり、ブロックや積み木で遊んだりしました。
 生徒たちは、はじめは少し緊張もみられましたが、次第に打ち解け、楽しそうに交流していました。園児たちの目線に合わせて優しく話しかける様子や園児たちを楽しませようと一生懸命な様子が見られ、短い時間ではありましたが、貴重な時間を過ごすことができました。
 11月7日(木)には1年5組と3年生「子どもの発達と保育」選択者8名が、22日(金)には1年2組と1年4組が実施する予定です。