防災避難訓練

 10月30日(水)、相生消防署の協力を得て、地震および火災を想定した防災避難訓練を実施しました。生徒達は校内放送を聞き、グラウンドに速やかに避難しました。
 避難完了後、生徒2名・教員1名が実際に消化器を使った消火活動を体験しました。消防署の方から消化器の使い方を教えていただき、すばやく消火することができました。
 続いて、八十川教頭から講評があり、相生高校にも土砂災害警戒区域になっている場所があることや、状況に応じて自分の頭で考え判断して行動する必要があること等、避難する際のあり方等について話されました。
 最後に、消防署の方から講評・講話をいただき、「安全行動で身を守る」「災害情報で身を守る」「避難生活に備える」という自分の命を守るための3点について具体例を交えながら話して頂きました。また、自分や家族に問題がなければ災害ボランティアにも参加してほしいと話されました。
 生徒達にとって、今回の避難訓練は、改めて災害への備えや災害発生時における各自の判断や行動について考える機会となりました。