ふれあい看護体験

 8月1日~23日、兵庫県看護協会が主催する「ふれあい看護体験」に医療系への進学・就職を希望している生徒27名が参加しました。本年度は、ツカザキ病院・IHI播磨病院・赤穂市民病院・姫路聖マリア病院・城陽江尻病院・姫路循環器病センター・たつの市民病院にご協力をいただきました。「ふれあい看護体験」は、市民のために保険医療福祉施設がドアを開き、見学や簡単な看護体験、関係者との交流などを行うイベントとして、毎年おこなわれています。
 体験事業では、看護師としての心得や身だしなみ、院内の施設やナースステーションの見学、介護実習など、内科・外科・整形外科・小児科・産婦人科など、各部署に分かれて実習をおこなわせていただきました。今回の実習でお世話になった病院関係の方々に、あらためて御礼を申し上げたいと思います。