プラネタリウム解説体験〰星空の感動を伝えよう〰に参加して

 8月22日(木)、五国SSH連携プログラムについて、明石市にある、天文科学館で行われたプラネタリウム解説体験に、本校42回生の理系の生徒が1名、参加しました。
 いつもの学校のメンバーと違い、かなりの緊張から体験は始まりましたが、徐々に他校生ともコミュニケーションを深めていき、約8時間にわたる体験の中で、貴重な経験ができました。
 途中、神戸新聞記者による取材も体験生徒全員にありました。その中で、効果的な写真を得るための背景、立ち位置、何気ない視線の方向など、解説体験のためだけでなく、感動を伝える表現力をどう身につけるかを、様々な視点から学んでいました。
 8月31日(土) に行われる、一般のお客様に対するプラネタリウム投影発表練習にも、だんだんと熱が入り準備している様は、普段見る受け身感が強い姿勢とは異なり、やはり経験の大切さを感じずにはいられませんでした。
 
 午後8時に終了して、帰宅の途に就きましたが、心地よい疲労感を感じたのではないでしょうか?
 本番での他校生も含めた高校生の底力を楽しみにしたいと思います。