第8回おもしろ科学実験教室

 7月29日(月)14時から、第8回おもしろ科学実験教室を開催しました。「本校のお兄さんお姉さんと科学実験を楽しむ」という主旨から、1年生自然科学コースの生徒が主体となって運営しました。
 今年度は「食べ物の色を変えてみよう~水溶液の性質と物質の色~」と題し、身近な飲み物や食べ物の色が、酸性やアルカリ性になることで変化するのか、何色になるのか調べました。実験では、酸性物質としてレモン果汁を、アルカリ性物質として重曹(ベーキングパウダー)を使って、ぶどうジュース・リンゴジュース・オレンジジュース・トマト・ピーマン・紫キャベツ・ナス・カレー粉で実験を行いました。
 小学生の先生となった高校生は、安全面に留意しながら小学生にもわかるよう実験の補助をしました。最初は小学生、高校生とも緊張していましたが、次第に慣れ親しみ、最後はお互い楽しんでいたように思います。高校生は、科学の面白さを伝えることの難しさを実感したようです。
 参加してくださった皆さま、ありがとうございました。