43回生 総合的な探究の時間

 総合的な探究の時間は、多くの場合、自ら課題を発見し、主体的に学び、仲間と協働的に課題の解決に向けて考え、発表するという学習形態を取り、そしてその過程において思考力、判断力、表現力を養成することを目的として設定されている時間です。
 今年度は昨年の42回生に引き続き、「わがまち相生探究活動」と題し、相生市を含めた「地域の活性化」をテーマとし、自分たちが将来取り組んでみたいと思う「かかわり方の切り口」から考察していきたいと考えています。
 そのため、まず「わがまち相生市」を知ろうということで、6月4日(火)7限、相生市企画総務部企画広報課から、松尾課長はじめ4名の方に来校していただき、相生市の現状と政策についての説明をしていただきました。その中で相生市は、少子高齢化に伴う人口の減少に歯止めをかけるために平成23年度に「子育て応援都市宣言」をしたことや、相生市の知名度を上げるためにCMをアニメで制作しTVや映画館で放映していることなど、さまざまな取り組みをなされていることを教えていただきました。
 次回は6月25日(火)に具体的な課題について説明していただく予定です。生徒一人ひとりがこの問題について、主体的に関わり、考えてくれることを期待します。