3学年対象 進路講演会

 5月29日、3学年の生徒を対象に、LHRを利用して進路講演会を実施しました。講演会では、高松高等予備校の太田浩二先生から「入試動向と受験生の心得」について講演をいただきました。
 昨今の入試状況から来年度の入試動向について詳しく説明され、「入れる大学」から「入りたい大学」へいく努力を欠かさないこと、ひいてはそれが周りの人のため、日本のため世界のためになる努力となることを、熱く語っていただきました。センター試験の最終学年ではあるけれども、学習の過程が変わるわけではないので弱気になる必要はない、夢をあきらめずに、素直な心で、第一志望の目標に挑むことを強調されていました。
 改めて外部の方から、受験に臨む姿勢を聞かされた生徒たちは、モチベーションが上がり、基礎基本の重要性、日々の授業の大切さを身にしみて感じたようでした。明日から、いえ今この瞬間からの変貌を大いに期待しています。