第1学年(43回生)「一日野外活動(グリーンエコー笠形)」

 4月12日に一日野外活動を実施しました。学校集合後、相生駅南に移動してバスに搭乗し、グリーンエコー笠形に向けて出発しました。バス内では横の席の生徒と親睦を深めたり、校歌練習を行ったりしました。
 入村式後、飯盒炊さんを行いました。薪に火をつけたり、飯盒でご飯を炊いたり、大人数のカレーをつくったりするなど、普段経験したことのないことに戸惑いながらも、班員みんなで協力し調理に取り組むことで美味しいカレーを食べることができました。
 午後はまずクラス対抗で大縄跳びを行いました。最初は息が合わず苦労していましたが、やがて縄の回し方や掛け声などを工夫するようになり、最後にはどのクラスも跳べるようになりました。大縄跳びの後は体育館に移動し、校歌の合唱を行いました。生徒はみな歌詞をきちんと覚えており、各クラスとも自信をもって元気よく大きな声で歌いました。
 閉村式後バスに搭乗し帰路についたのですが、さすがに疲れたのか、眠っている生徒も見かけました。起きている生徒は小声で話すなど、彼らに配慮する様子がみられました。
 今回の活動を通じて、クラスの親睦を深めるとともに団結力を高めることが出来ました。これから本格的に始まる相高生としての生活のなかで、さらにクラスとして、43回生として団結し、乗り越えていってほしいと思います。