42回生2学年野外活動~ペーロン競漕~ H31.4.12(金)

 2年生になり、一週間が経ちました。昨日から通常授業でしたが、JRが信号機トラブルで、やや出鼻をくじかれましたが、来週月曜には放課後補習も始まり、当たり前の相高生活に戻ります。とはいえ、緊張感を持ったこの一週間。中心学年としてエネルギーを発揮していく一年になってほしいものです。
 そんな中で、今日は全学年野外活動です。天候にも恵まれ、42回生は“わがまち相生” にて、ペーロン競漕を体験しました。経験がある者も多少おりましたが、午前中に、二班に分かれて競漕体験と、ペーロン文化についての講義を受けて、徐々に競漕への気持ちを高めて、新しいクラスメートと作戦を練り、午後のレースに備えました。

 さて、レース本番。担任の先生も含めて、熱い予選のレースが催されました。
そして、決勝。残念ながら予選で敗れたクラスも、学年応援団として、ポート公園に場所を移して、決勝レースを見守りました。

 結果は・・・・
1位  5 組 紅 班
2位  4 組 白 班
3位  2 組 白 班
敢闘賞 5 組 白 班

 上記の結果を得たクラス・班だけでなく、今日一日の日差しと、内から湧き出た心地よいエネルギーを持った笑顔とともに、今年の野外活動を終えることができました。
 来週からは、いよいよ2学年としての“当たり前”の生活が始まります。