1.17追悼行事

 「防災とボランティアの日」「ひょうご安全の日」とされる1月17日(木)朝、震災の記憶を風化させず、近い将来、東海・東南海・南海大地震の発生が危惧されていることから、防災意識を高めることを目的に、1.17追悼行事を行いました。
 校内放送を通して、今から24年前の惨状、「災害に遭遇したらどこに集まるのか」「避難場所はどこにするのか」「連絡方法はどうするのか」について家族で話し合う機会としてほしいこと等を伝えた後、全生徒・教職員が黙祷しました。
 校内には、自衛隊相生地域事務所のご協力を得て、阪神・淡路大震災や東日本大震災等の写真パネルを展示しました。