第40回相高生フォーラム

 11月14日(水)、午後、生徒会文化委員会の主催で第40回相高生フォーラムを開催しました。1・2年の代表3名ずつが、人権に関するスピーチを行う、いわゆる人権に関する弁論大会です。今年も身近な話題から社会で問題になっていることまで幅広く取り上げられて、生徒自身も真剣に考えさせられる内容でした。結果は、最優秀賞が2年3組並木和音さんの「多様性と権利」、優秀賞が2年5組の山本紗希さんの「ドナーカードについて考える」でした。
 フォーラムの審査の間に、交通安全教育を兼ねて「その自転車の運転危険です!交通事故を検証する」というDVDを視聴しました。本校生も先月2件交通事故が起こっているので、生徒指導部長より、他人ごとではなく自分のことと考え、かけがえのない命の大切さをしっかり考えるように話されました。映像も実際に起こりうる内容で、スマホを操作しながらの運転はいかに危険かよく理解できました。