グローバル語り部 国際理解講演会

元オリンピック出場陸上競技選手 小林 祐梨子氏

2018年11月16日(金)

 1500m日本記録保持者で、北京オリンピック5000mに出場された経験から、どのようにして自分の夢を実現させていったのかを詳しく教えていただいた。
 夢を達成するには、まず、目標を設定することが大切だということ。そして、その大きな目標に対して、1ランク下の目標、さらにもう少し小さい目標を掲げ、それに向かって、あきらめず、粘り強く努力を継続することが大切だということを教えていただきました。
 そして、夢をかなえるためには周りの人の協力が必要であるということ。仲間、ライバル、家族、恩師など様々な人との出会いがあり、その人々の支えのおかげで自分は頑張れる、という感謝の気持ちが大切であること。人間は一人では何もできない、支え合うことにより色々なことができるようになるということを、たくさんのエピソードを交えて教えてくださいました。
 最後に、夢が大きいか小さいかは関係ないので、自分のしたいこと、できることを見つけ、それに向かってあきらめず、努力し続けることが大切であると締めくくられ、生徒たちのこれからの生き方に一つの指針をいただくことができました。