トライやる・ウィーク受け入れ

 兵庫県では県内の中学2年生を対象に、一週間にわたり職場体験などを通して働く意義や地域について学び、「生きる力」を育むことを目的として「トライやる・ウィーク」を実施しています。
 本校において「トライやる・ウィーク」の受入れを行い、たつの市立揖保川中学校の2年生3名が11月5日(月)から9日(金)まで、体験活動を行いました。校内や図書室の整備作業のほか、2年生のLHR活動参加、1年生の市政提言ポスター発表見学、授業見学、相高魅力発見作業など多くの体験をしてもらいました。体育や芸術の授業では本校生とも交流し、短い時間でしたが、楽しい時間を過ごせたようでした。
 このトライやる・ウィークを通して、いろいろな人が陰で仕事をしてくれていることが少しでもわかってもらえたのではないかと思います。中学生3名は、少し緊張している様子もみられましたが、最後まで一生懸命仕事をしてくれました。ぜひ本校に入学してほしいと願っています。また、この経験を生かして、周囲の方への感謝を忘れずに、今後の学校生活をより充実させてほしいと思います。