総合防災避難訓練

 昨今、南海トラフ巨大地震の発生が危ぶまれています。相生周辺では山崎断層地震がいつ発生してもおかしくない状況です。
 こうした中、10月31日(水)、地震及び火災を想定した総合防災避難訓練を実施しました。地震発生の校内放送が入ると同時に生徒達は机の下に入って身の安全を確保し、次に火災発生の校内放送により火災発生場所と安全な避難経路を確認してグランドに速やかに避難しました。
 講評の中で校長は、日頃から「什器の固定」「二つ以上の別方向への避難経路の確認」「避難経路には妨げとなるものを置かないこと」、「地震発生から2分は自分の身を守ることを最優先」、「揺れがおさまったら電気器具のプラグをコンセントから抜く」「火を消し、ガスの元栓を閉める」等の地震に対する心構えや対応を話されました。