第42回体育大会開会挨拶

 皆さんおはようございます。雨天による天候不良で順延が続きましたが、今日ここに第42回体育大会を開催できますことを心から嬉しく思います。
 本日は早朝より、多くのご来賓の皆様、保護者の皆様、そして地域の皆様にお越しいただきました。誠にありがとうございます。高いところからではございますが、深くお礼申し上げます。勉学だけではなく、学校行事にも一生懸命取り組む相高生の躍動する姿をぜひ見てやっていただきたく思います。
 生徒の皆さん、本体育大会のスローガン「不撓不屈」のごとく、どのような状況においても、強靱な精神力をもって、最後まで諦めず溌剌とプレーしてください。そうした相高生の姿は観衆に大きな感動を呼び起こしてくれるに違いありません。皆さんがどんな感動を与えてくれる、大いに期待し、また楽しみにもしています。
 さて、相高は進化し続ける学校です。今回の体育大会から3学年縦割りによる応援合戦などの新たなプログラムを取り入れました。これは、学年間・学校全体のさらなる交流と団結を図るとともに、相高生一人一人の主体性や協働性をさらに高める目的です。こうした意味において、皆さんのすばらしいパフォーマンスによって、歴史と伝統ある本校の体育大会に新たな1ページを確と刻んでほしいと思います。
 最後に、体育大会に向けて準備に当たってくれた生徒会役員、クラス役員、部活動の部員の皆さん、そして先生方、本当にありがとうございます。PTAの方々も含め、多くの方々がこの大会を支え、盛り上げてくださることと思います。どうか、よろしくお願いします。
 それでは、「不撓不屈」のすばらしい体育大会、すばらしい思い出となることを祈念して開会の挨拶とします。