相生歴史巡検

 9月27日(日)、秋晴れの快晴の中、松本恵司先生を講師に迎え、2年生10名・1年生4名の14名で相生歴史巡検に行って来ました。
 今年は、「矢野荘」の荘園鎮守を巡りました。古代の荘園がそのまま地方公共団体(相生市)となっている例は極めて珍しいそうで、この荘園が4つに区分され、それぞれ違った系統の神様を祀っているのです。大きな岩を御神体とする古代からの磐座神社、この地方の有力者であったとされる秦河勝を祀る大避神社、菅原道真を祀る北野天満宮から分祀された若狭野天満神社、鎌倉時代に矢野荘の地頭として派遣された海老名氏が源氏の守り神である鶴岡八幡宮から分祀された那波八幡神社の四つを中心に巡検しました。
 今年は新たに、犬塚(矢野町能下)と大避古墳1号墳(大避神社すぐ北側の前方後円墳)の巡検を行い、古墳の円部分(頂上)まで道なき道をかき分けて上がりました。卑弥呼の時代から大きな前方後円墳を造ることを認められた強力な指導者がこの街にいたことにも驚かされました。
 松本先生の、古代から現代にまで至る相生歴史よもやま話を堪能し、ふるさと相生を振り返る素晴らしい一日になりました。巡検と神社の詳細やは、後日、HP等を順次作成していきますのでお待ちください。

第44回 体育大会

9月18日(金)、「力戦奮闘」のスローガンの下、第44回体育大会を実施しました。今年度は、新型コロナウイルス感染症対策のため例年とは異なり、三密を避けながら、午前中のみで行いました。また、ご案内は3年生の保護者の方に限定させて頂き、会場には約60名の保護者の方にお越しいただきました。ありがとうございました。

 吹奏楽部の演奏で入場行進が始まりました。

 続いて、開会式が行われました。

 昨年に引き続き、クラスTシャツを着用し(1組オレンジ・2組赤・3組黄色・4組黄緑・5組青)、各競技で激しい勝負が繰り広げられました。

 初めの演技は、全校生徒による「相高生体操」でした。この夏、何度も練習を重ねた成果が表れていたように思います。とても力強く、綺麗でした!

 続いて、男女100m・男女200m・女子4×100mリレー・男子4×200mリレーの予選を行いました。決勝への切符を勝ち取るため、全力で走りました。

 次に、綱引きを行いました。結果は、優勝1年3組、準優勝1年1組、第3位1年2組・2年1組でした。どの対戦も接戦で、大変盛り上がりました。

 生徒会種目の「障害物リレー」。苦戦する場面もありましたが、走者・応援ともに楽しみました。

 Power of Aioiは、各クラスの代表者が、20㎏の土嚢を頭上に持ち上げている時間を競いました。

 大繩跳びは、3回の試技を行い、最高回数がそのクラスの記録となります。今年の優勝は2年2組、準優勝2年5組、第3位1年4組でした。

 予選を勝ち抜いた、男女100m・男女200m・女子4×100mリレー・男子4×200mリレーの決勝は、大接戦でした。

 最後にクラス団対抗リレーを行いました。生徒たちは学年の枠を越え、バトンをつなぎました。

 体育大会の結果は以下の通りです。
 総合優勝 2年2組 、準優勝 2年1組 、第3位 1年1組
 クラス旗最優秀賞 3年1組 、優秀賞 3年2組・3年5組

 雨降りの中ではありましたが、新型コロナウイルスの影響で、多くの行事が中止となっていたなか、体育大会をプログラム通り滞りなく行うことができ、良かったです。
 準備・片づけ等、多くの生徒が率先して動いてくれたため、最後までスムーズに行うことができました。
 ありがとうございました!

さわやか挨拶運動

 9月11日(金)、どの天気予報も雨の中、「さわやか挨拶運動」を実施しました。朝7時前から相生駅周辺のゴミ拾いを実施し、今日もたくさんのゴミを回収することができました。
 その後、駅北側ロータリーで、相生高校生徒会と地元の山手1丁目自治会と、相生駅南側では1年2組が行いました。また、今月は、相生市全域でのさわやか挨拶運動実施月ということで、浅井相生市教育長、坂本相生市教育次長様もご参加くださいました。
 後半は雨も止み、相生駅の南北で、1年2組と生徒会・自治会の方々のさわやかで元気な挨拶の声が響きわたる、「さわやか挨拶運動」でした。

 雨が降る前に、ごみ拾い頑張りました。  台風の残骸か、骨だけの傘が…
 

 雨も少しだけ降りましたが、皆の元気な声で太陽が差してきました。

44回生 環境整備

 9月3日(木)7限、LHRの時間を利用して毎年恒例の環境整備活動(44回生)が行われました。台風9号の影響が心配されましたが、晴天に恵まれ予定通り実施することができました。
 体育館前に集合し、保健部長より作業についての説明を受け、その後クラスごとに男子は側溝土あげ、女子はグランド草抜きを行いました。暑い中ではありましたがどのクラスも皆汗をかきながら一所懸命に取り組んでいました。自分たちの学習環境を自分たちの手で整えていく意味のある時間を過ごしました。
 終了後は手洗い、うがい等を行いSHRに臨みました。

44回生 高校生自転車事故防止講習

 9月1日(火)、課題実力考査終了後の学年集会において、高校生自転車事故防止「アクションプログラム」が行われました。
 自転車交通安全についての講習ビデオを約15分間視聴した後、生徒指導部長からの講話をいただき、最後に30問の自転車交通安全テストを受検しました。
 自転車安全利用5則をはじめとして自転車運転に関する基本的な注意事項を再確認することができ、有意義な講習となりました。

さわやか挨拶運動

 今週より通常授業が始まり、まだまだ暑い日が続いています。
 8月28日(金)、猛暑が続く中、今年度3回目の「さわやか挨拶運動」を行いました。今月は、生徒会メンバーに加えて、1年生3組半分の20名が一緒に行いました。
 朝7時前より、生徒会メンバーや1-3の生徒が続々と集まり、相生駅南北とも駅周辺のゴミ拾いを実施しました。そのあと、山手自治会の方と一緒に「さわやか挨拶運動」を実施しました。今月は自治会の方に声が大きくなってしっかりしてきたとお褒めの言葉もいただきました。1年生は駅南側で、生徒会は駅北側で、元気な挨拶の声が、車や新幹線の音にも負けず響き渡っていました。
 駅周辺のゴミ拾いも継続され定着してきました。今年も生徒会中心に頑張っていますので、ご支援・ご協力を宜しくお願いします。

車に気をつけてロータリーのゴミを拾っています。 本日の成果です。(草抜きも!!)

 駅南側では1年3組が、駅北側は生徒会が元気よく挨拶することができました。