第41回相高生フォーラム

 11月13日(水)、午後、第41回相高生フォーラムが開催されました。今年から行事の精選・授業時間の確保から、1・2年生だけの実施となりました。相高生フォーラムは、基準弁論1名と1・2年の代表3名ずつが、人権に関するスピーチを行う、いわゆる人権に関する弁論大会です。今年も身近な話題からSNS等社会で問題になっていることまで幅広く取り上げられて、生徒自身も真剣に考えさせられる内容でした。結果は、最優秀賞が2年4組小谷果楠さんの「尊重し合える社会に」、優秀賞が2年4組の永田夢海さんの「性の違いで不利益を受けないために」でした。
 今年度英語スピーチコンテストが台風により実施されず、ビデオ審査となり発表する機会がなく終わってしまったので、このフォーラム審査の待ち時間に、本校代表の2年3組岩﨑はずきさんに発表してもらいました。また、その後、生徒指導部長より先月自転車交通事故が3件発生したことで、生徒への一層の注意喚起と、かけがえのない命の大切さをしっかり考えるように話されました。