学部別ガイダンス

 中間考査最終日の10月21日(月)に、1・2年生を対象に、学部別ガイダンスを開催しました。ガイダンスでは、大学の先生方に模擬講義をしていただきました。今回参加していただいたのは、武庫川女子大学、神戸市外国語大学、兵庫県立大学、京都産業大学、甲南大学、高知大学、関西福祉大学、関西国際大学、岡山大学、兵庫県立大学、大阪工業大学、神戸芸術工科大学、神戸学院大学、兵庫医療大学、神戸常盤大学、姫路大学、姫路獨協大学の17大学で、合計20の講座を開講しました。
 生徒たちは自分の興味・関心のある分野の講義(文学、外国語・国際、社会情報科学、経済、経営、法学、教育、幼児教育・保育、心理学、理学、機械工学、情報工学、建築学、薬学、理学療法・作業療法、医療検査、看護、福祉、芸術の中から2講座選択し受講しました。大学の先生のお話を直接伺うことで、将来の進路選択や文理選択に大いに役立ちました。

講義のテーマ
「近代日本文学の描く不思議世界」
「外国語学・外国学・国際関係学の魅力」
「社会情報と統計調査」
「経済学と産業革命」
「ヒット商品の事例から学ぶマーケティング」
「社会における法律政治の役割」
「授業をどうやって作るのか?~国語の授業を例に~」
「子どもの心の発達を支える教育・保育」
「対人関係の心理学~良好な関係に向けて~」
「カードのシャッフルと合同式」
「ロボット工学~ロボットの歴史・技術・応用例~」
「情報工学分野~コンピュータの基礎~」
「環境デザイン~人・空間・社会にとっての心地よく美しい関係づくり~」
「くすりの豆知識」
「コミュニケーション能力はなぜ必要か?」
「いのちを支える臨床検査技師の仕事~尿検査とは?~」
「からだの声を聴いてみよう」
「大学で国際看護を学ぼう」
「こころの健康と社会福祉」
「一枚の画像から広がる世界~ドローイング・発想~」