43回生 総合的な探究の時間

 6月4日に引き続き、6月25日(火)7限、相生市の企画広報課の方々3名に来ていただき、2回目の講話をしていただきました。内容は「相生市の課題とその対策」についてでした。「相生市は次第に人口が減少しており、特に年少人口が少なく、今後働く人が少なくなることで、税収が減少したり、若い人への負担が増大したりするといった課題がある。」「その対策として子育て応援宣言を提唱し『11の鍵』という施策を実施したり、相生市をPRするアニメ動画を制作したりすることによって、人口の減少幅が約半分になり出生数を維持することができた。」「ただ、これだけでは不十分なので相生市を来訪する人を増やすための施策を考えている。」といったものでした。そして最後に「新しいプロモーションの方法・内容を考えてください」「相生市へ来る人が増える方法を考えてください」という宿題を出されて講話が終わりました。
 生徒たちが社会に出るころには、少子高齢化、都市と地域の格差の増大という傾向は今よりも一層強っていると思います。相生市を題材にしながらもそれを一般化し、広く地域の活性化について、自分の希望する分野から考えてもらいたいと思います。
 そして最終的には生徒同士が話し合い、グループで発表してもらう予定です。生徒一人ひとりがこの問題について、主体的に関わり、考えてくれることを期待します。

第42回相高祭④

 バザー営業・アトラクション・展示発表終了後、再び体育館に移動し、吹奏楽部による演奏を行いました。

吹奏楽部「となりの吹奏楽部」
 「Paradise Has No Border」でスタート!クイーンメドレーやJ-POPメドレー(恋・GUTS・インフルエンサー・USA)、日朝メドレー(ゴセイジャー・仮面ライダー000・ワンピース)、となりのトトロを演奏しました。さらに、会場のアンコールにも応え、「エル・クンバンチェロ」で締めくくりました。

 演奏終了後、閉会式。今年は抽選会を行いました。景品は本校の教職員が提供したもので、見事当たった生徒は嬉しそうに景品を選んでいました。

 その後、1年生合唱、2年生ステージ、3年生バザー、アトラクションの表彰を行いました。結果は以下の通りです。
 1年生 合唱コンクール 最優秀賞 1年2組「世界に一つだけの花」
              優秀賞 1年1組「奏」
 2年生 ステージ    最優秀賞 2年2組「相高×ハリーポッター!」
              優秀賞 2年4組「相高生探偵コナン」
 3年生 食品バザー   最優秀賞 3年3組「幸せのユースケーキ」(パンケーキ)
              優秀賞 3年2組「YONE’S kitchen」(ポテト・ポップコーン・ジュース)
 アトラクション     最優秀賞 2年1組「イントロクイズ」
              優秀賞 3年4組「アスレチック ナオハランド」(ミルクボトル倒し・フリースロー)

 昨年度より1.5日に拡大した第42回相高祭でしたが、天気も何とか持ちこたえ、無事に終了することができました。「桜梅桃李 ~Fly high , to the next generation~」のテーマの下、生徒たちはそれぞれの場所で学年やクラスそして自分独自の花を咲かせて、充実した時間を過ごしていたように思います。みんなで協力して一つのことを成し遂げたこの経験を今後の学校生活に生かしてほしいと思います。
 また、2日間で保護者や地域の方など約660名の方にお越しいただきました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

第42回相高祭③

 ステージ発表終了後、A棟南側とロータリー周辺で3年生・生徒会・PTAのバザー営業・アトラクション、B棟で文化部展示・アトラクションを行いました。ステージ発表が終わる頃には、体育館1階前の食券売り場に長蛇の列ができました。

【食品バザー・アトラクション】

3年1組「ゆうこの台所」(フランクフルト・ホットク)

3年2組「YONE’S kitchen」(ポテト・ポップコーン・ジュース)

3年3組「幸せのユースケーキ」(パンケーキ)

3年4組「マサミチック ナオハランチ」(チュロス)

3年5組「たこ西」(たこ焼き・アイス)

生徒会「あいそば」(焼きそば・ジュース)、「桜梅桃李 縁日集」(スーパーボールすくい・ヨーヨーつり)
 4名の教育実習生も手伝ってくれました。

 今年もPTAのご協力で、「鳥鳥亭」(焼き鳥・お茶・ジュース)をしていただきました。

 いぶき作業所、グリーン、元気アップみのりによる調理パン販売も昇降口にて行われました。

3年3組「モグラたたき」

3年4組「アスレチック ナオハランド」(ミルクボトル倒し・フリースロー)

2年1組「イントロクイズ」

2年3組「輪投げ・射的」

生徒会「キャップアート」
 ペットボトルキャップで作った立て看板。トライやる・ウィークで本校に来た双葉中学校の生徒6名にも手伝ってもらいました。

【文化部展示】
アート部美術班「対比」
 「対比」をテーマにした作品展示の他、ライブペイントを行いました。

アート部文芸班「千夜一夜物語」
 「千夜一夜物語」をテーマに、部員の書いた部誌「萬里夢」やしおりを配布していました。

アート部書道班「大胆に」「書道パフォーマンス」
 生徒昇降口前では書道パフォーマンスをし、観客を楽しませました。

放送部「R.P.G」
 朗読劇「R.P.G」のCDを配布していました。また、放送部は両日にわたりステージの司会や音響を務めました。

ESS部「Finding NEMO」
 ストラックアウトやフィッシングゲームなどを、楽しむことができました。

自然科学部「謎の川、鮎帰川の全てを暴く」
 「昆虫標本」の展示や、「スライム作り」や「チューブ型プレーン(紙飛行機)作り」、「空き缶潰し」など、多数の実験を体験できるコーナーがありました。また、鮎帰川の生物たちを紹介する展示も行いました。

弦楽部箏曲班「和」ミニコンサート&体験会
 ミニコンサートでは「龍星群」を演奏しました。

弦楽部クラシックギター班「弾き語りライブ!!」
 3年生の福山くんが弾き語りライブを行いました。

茶華道部茶道班「和敬静寂~安らぎの時を~」
 美味しいお茶と和菓子、そして浴衣を着た部員たち。癒しのひとときを過ごすことができました。

茶華道部華道班「和と華」
 部員の作品展示の他、フラワーアレンジメント体験ができました。

情報メディア部写真班「お洒落な写真館」
 部員や先生が撮影した写真展示の他、インスタスポットもありました。

情報メディア部コンピュータ班「Hey!!Go!」
 部員自作のゲームを体験することができました。

 相生市・赤穂健康福祉事務所・相生市いずみ会・食と農を守るかあちゃんずのみなさんには「あいおい食育コーナー」の展示をしていただきました。「豆つかみゲーム」や「食育クイズ」に挑戦できるコーナーや、炭酸飲料の糖分を体験できるコーナー、「ゆずみそ」「ゆずマーマレード」などの相生市特産品の試食コーナーなどがありました。

 消費生活センター・相生市消費生活研究会のみなさんには、ペットボトルキャップを使ったエコなピンクッション作り体験コーナーをしていただきました。

 昇降口前では、吹奏楽部によるフラッシュモブも行われました。

第42回相高祭②

 相高祭2日目。ステージ発表およびバザー営業、アトラクション、文化部展示を行いました。
 ステージは、生徒会によるオープニングでスタート。各部活動による平成のヒットソングメドレー動画の後、ゴールデンボンバー「令和」の曲でダンスを披露しました。

2年1組「今日から俺は!」

 昨年放送されたテレビドラマ「今日から俺は!!」を、男女逆転の劇にしました。衣装などの再現度の高さに加え、個性的な登場人物を見事に演じきりました。随所に盛り込まれたネタで観客の笑いを誘い、エンディングの「今日俺ダンス」では観客も手拍子をして一緒に盛り上がりました。

2年3組「現代版竹取新喜劇」

 「かぐや姫」の物語をメインにしたオリジナルストーリーを劇に仕上げました。かぐや姫のもとに5人の求婚者がやってくるところから物語はスタート。後半は竜宮城を舞台に、浦島太郎や桃太郎など様々な昔話の主人公たちが大集合して、物語を盛り上げました。

2年4組「相高生探偵コナン」

 「名探偵コナン」をオリジナル劇にしました。蘭と遊びにきていた遊園地で黒の組織に薬を飲まされ身体が縮んでしまった新一が、事件に巻き込まれていくというストーリー。おなじみの登場人物たちが事件を解決していきますが、みんなの命を救ってくれたのは「数学の青チャート」でした。

1年生全体合唱「コスモス」
 198名の大合唱。力強い歌声、そして美しいハーモニーに、会場からは惜しみない拍手が送られました。

有志によるステージ発表。
3年生9名「TEENS♡」によるダンス
 TWICE「Yes or Yes」でダンスを披露しました。

3年生6名によるバンド演奏「black number」
 back number「高嶺の花子さん」を、ピアノ・ギター・ベース・フルート・ドラムで演奏しました。

2年生池田さん・室本さんによるピアノ連弾
 「ラプソディ・イン・ブルー」を演奏しました。

 ステージ発表の幕間を利用して、3年生のバザーCMも入り、会場が笑いに包まれました。

第42回相高祭①

 6月21日(金)~22日(土)、第42回相高祭を開催しました。今年のテーマは「桜梅桃李~Fly high , to the next generation~」です。
 1日目は、吹奏楽部のオープニング演奏で幕を開け、2年生のステージ発表(2クラス)、弦楽部箏曲班・クラシックギター班によるステージ発表、有志による発表、そして1年生の合唱コンクール決勝(2クラス)を行いました。

弦楽部箏曲班「届け十五人の箏魂!」
 「飛騨によせる三つのバラード(歩荷)」「龍星群」を演奏しました。

弦楽部クラシックギター班「Challenge」
 「君はロックを聴かない」「シンデレラガール」「チェリー」「LOSER」を演奏しました。

2年5組「2年5組~今から皆さんは人質です~」

 レポートの提出期限間に合わなかった2年5組の生徒たちが、人質にされてしまうというストーリー。様々な言い訳や屁理屈を並べる生徒たち。大きな時計が物語のポイントでした。相高の先生のモノマネやダンスなどが盛り込まれ、また、実際に先生が登場するサプライズもあり、観客を楽しませる演出が随所に見られました。

2年2組「相高×ハリーポッター!」

 ある日、魔法の世界に迷い込んでしまった相高生の三木くんとハリー達たちが繰り広げる、ホグワーツ魔法学校での物語。工夫を凝らした演出で「ハリーポッター」の世界観を見事に再現していました。映画でおなじみのあのシーンやあのセリフ、例のあの人まで登場し、会場は大いに盛り上がりました。

 1年生合唱コンクール決勝には、6月19日(水)に行われた予選を勝ち抜いた2クラスが出場。1年1組は「奏」、1年2組は「世界に一つだけの花」を歌いました。

有志によるステージ発表。
3年生3名と森川先生によるバンド演奏「三色だんごwith M」
 Aimer「蝶々結び」・あいみょん「マリーゴールド」を披露しました。

2年生亀谷さんによるピアノ独奏
「千本桜」「unravel」を演奏しました。

男子バスケットボール部員5名によるコント「Animen」
 テレビアニメ「けものフレンズ」のオープニング曲「ようこそジャパリパークへ」に合わせてダンスを披露しました。

男子ソフトテニス部員8名によるダンス「やわらかチキンのチーズケーキ」
 初音ミク「太陽系デスコ」に合わせてダンスを披露しました。

教育実習

 6月3日(月)から21日(金)までの3週間、本校の卒業生4名が教育実習のために母校に帰ってきました。本校の卒業生らしく、担当教諭の指導助言を受けて、授業観察をしたり、教材研究を深めるなど、熱心に教科指導に取り組みました。また、部活動指導や相高祭の準備などにも積極的に関わり、生徒とも意欲的に交流しました。実習生にとっても、生徒たちにとっても、思い出に残る3週間だったと思います。

【実習生の感想】
 実習が始まった頃は授業の組み立て方や生徒との関わり方に悩み、本当に3週間、先生という立場で生徒に何か教えることができるのかと、とても不安になりました。しかし、つまずいた時は先生方にご指導いただいたお陰で少しずつ楽しむことができるようになりました。生徒とも日を重ねるごとにコミュニケーションが取れるようになり、生徒と関わる時間がとても充実したものになっていったと思っています。学生の頃は知らなかった授業の準備や工夫の仕方、授業以外の仕事を経験して、大変さを知ると同時に一人ひとり違った生徒と関わる楽しさや生徒の成長を実感できることへのやりがいを感じました。教育実習というとても貴重な経験から得たこと、学んだ沢山のことを忘れずにこれからに活かして努力していきます。
37回生 (保健体育)

 私にとってこの3週間は本当に濃く、充実したものとなりました。最初は不安と緊張で最後までやっていけるのかなという気持ちでいっぱいでしたが、生徒のみなさんの笑顔や支えて下さる先生方のおかげで少しずつ楽しい日々へと変わっていきました。この実習を通して、改めて教員という職業の厳しさや難しさを感じました。それと同時に「やりがい」というものもとても感じることができました。私は保健体育の授業をさせて頂いたのですが、体育のハードル走の授業で生徒から「先生のおかげで速くなった、上手くなった」と言われた時は本当に嬉しかったし、頑張って良かったと思うことができました。このような経験をさせて頂けたのは、先生方が私にチャレンジする場を与えて下さり、生徒のみなさんが未熟な私を受け入れてくれたからこそだと思います。本当に3週間ありがとうございました。
37回生 (保健体育)

 私はこの3週間で、授業をすることの難しさや大変さ、生徒と関わる楽しさを感じ、多くのことを学ぶことができました。
 授業に関しては教材研究の大切さと大変さを実感することができました。その際、まだまだ力や知識が不十分であると痛感しました。
 生徒とは、始めは少し遠慮してしまい距離がありましたが、徐々に生徒と関わることができ、また、私自身が生徒と関わることに対して楽しんでいることに気付くことができました。
 最後に、先生方からの暖かいご支援・ご指導、笑顔で接してくれた生徒達がいたからこそ、無事に教育実習を終えることができたのだと思います。3週間で学んだことを整理し、今後に活かせるよう努めていこうと思います。
37回生 (数学)

 私にとってこの3週間の教育実習は、毎日が発見の連続で濃く充実した時間になりました。中でも先生方の生徒に向き合う姿勢からは学ばせていただく点が多く、入念な授業準備や質問への対応、問いかけなど生徒一人一人への向き合い方には考えさせられることが沢山あり、実際に授業をして初めて気づくこともありました。また、実習中多くの先生方に気遣ってきただき、助言やご指導をしていただきました。私自身にも向き合って下さった先生方の存在があったからこそ3週間精一杯取り組むことができたのだと思います。
 不安と心配で押しつぶされそうな時もありましたが、それらを乗り越えることができ、先生方、生徒、3週間一緒に過ごしてきた実習生の支えがあったからこそ、この教育実習で人として大きく成長できたように思います。これからも、教育実習で得たことを活かしながら、日々努力していきたいです。
37回生 (国語)

相高祭に関するお願い

1 相高祭の駐車場は相生高校グラウンドになっています。
  幼稚園は行事がありますので、幼稚園駐車場には止めないでください。
2 相高祭のプログラムに掲載されている時間はあくまでも予定です。
  見たいプログラムがある場合は、時間に余裕をもってご来場ください。

 なお、相高祭のプログラムは本校ホームページにも掲載しています。

43回生 合唱コンクール予選

 6月19日(水)6限、1年生の合唱コンクール予選を行いました。5月24日から約一か月の間、昼休みや放課後の時間を活用してこの日のために各クラス練習してきました。課題曲は「COSMOS」、自由曲は1組が「奏(スキマスイッチ)」、2組が「世界に一つだけの花(SMAP)」、3組が「空も飛べるはず(スピッツ)」、4組が「レモン(米津玄師)」、5組が「小さな恋のうた(MONGOL800)」でした。どのクラスもクラスが一体となり、見事なハーモニーを響かせてくれました。甲乙つけがたい内容でしたが、審査の結果、1組と2組が相高祭での決勝に進むことになりました。相高祭でも力一杯歌ってくれることと思います。

1組「奏(スキマスイッチ)」


2組「世界に一つだけの花(SMAP)」


3組「空も飛べるはず(スピッツ)」


4組「レモン(米津玄師)」


5組「小さな恋のうた(MONGOL800)」

さわやか挨拶運動&PTA合同登校指導

 6月14日(金)早朝より、相生駅前では「さわやか挨拶運動」、学校付近の10カ所のポイントでは職員・PTAとの「合同登校指導」を行いました。
 駅前では生徒会と先月から1年生の各クラス半分ずつ(6月は1年1組)がさわやか挨拶運動を実施しました。早く来た生徒から、挨拶運動の前に駅周辺のごみ拾いを行いました。1年1組の生徒と生徒会が駅の南北に分かれて、山手自治会の方々とPTAを含めて約50名が元気な挨拶の声を響かせました。