第四十回卒業式式辞

 「岩注ぐ 清水も春の 声立てて うちや出でつる 谷の早蕨」
 かの有名な歌人、藤原定家は、長い冬を終え、漸く訪れた春の喜びをこのように詠っています。自然の営みは実に確かで、相高坂の木々も生命の兆しを内に抱き、窓越しに差し込む光も、日増しに柔らかさを増して、春の訪れが近いことを予感させます。
 本日は、相生市長 谷口芳紀様、相生市教育長 浅井昌平様 同窓会長 芦谷得夫様をはじめ、多くのご来賓の方々、保護者の皆様のご臨席を賜り、このように盛大かつ厳粛に本校第四十回卒業証書授与式を挙行できますことに心から感謝いたしますとともに厚くお礼申し上げます。
 四十回生の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。ただ今卒業証書を授与いたしました一九〇名の皆さんに、本校教職員を代表して、心からお祝いを申し上げます。
 教育においては、「不易流行」ということが言われます。皆さんは入学以来、本校の「不易」の部分、人づくりの基盤をなす質実剛健の気風のもと、進路実現を目指して飽くなき濃密で充実した時間を過ごしてきました。一方で、「流行」の部分、豊かな人間性と、グローバル化時代に求められる主体性や協働性などを育むさまざまな教育活動に溌剌として情熱を注いできました。そうした皆さんのひたむきで真摯な、そして学年通信のタイトルが象徴する「躍動」する姿は、潮海邦彦学年主任の「めらめらと燃える」思いの具現化そのものであり、その思いはそれぞれの未来を切り拓く基盤として皆さん一人一人の心の中に息衝き、大きな支えとなることを強く確信しています。
 さて、近年、「世界はVUCA(ブーカ)ワールドとなった」と言われます。「VUCA」と書いて「ブーカ」と読みます。Volatility(ボラティリティ)=変動性、Uncertainty(アンサーティンティ)=不確実性、Complexity(コンプレクシティ)=複雑性、Ambiguity(アンビギュイティ)=曖昧性、これらの頭文字を並べた造語が「VUCA」=「ブーカ」です。これらの言葉が象徴するかのように、イギリスのEU離脱や、トランプ氏のアメリカ大統領就任など、既成の枠組みに対する民衆の危機感や不安が一つの形となってポピュリズムが台頭し、国際政治は流動化を増すばかりです。また、社会は「狩猟」「農耕」「工業」「情報」に続く、第5世代の「ソサエティー5.0」と言われる技術革新の時代に向かっています。それが証拠に、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、これらの頭文字を並べた「GAFA」=「ガーファ」といった、数十年前には予想だにしなかった新たな職域を持つ企業が世界中を席巻しています。一方で、地球温暖化を背景とする甚大なメガ災害は、毎年規模を増大させながら次々と容赦なく襲ってきます。
 このように、先を予測することが非常に困難で、不安定・不確実・不透明な状況にあっても、自分の拠って立つ基軸を見失うことなく、しっかりと地に足を据えて生き抜いてほしいと思います。その意味において、今後特に大切にしてほしい三つの基軸を皆さんに伝えて餞別にしたいと思います。
 一点目は、大きな志を持ち続けてほしいということです。
 苦境に陥った時、それに屈せず乗り越えるための気力の根幹を成すものは高い志であり、それは人間性を高めるものでもあります。幕末に活躍した吉田松陰は、「志のない人間は、魂のない人間に等しい」と言ったそうですが、志を立てることは、人として人らしく生きるための原点ともなります。松陰の言う志とは、世俗的な意味での立身出世ではなく、国家の危機を救うほどの大きなものです。松陰の時代と今とでは時代背景は大きく異なりますが、今日のように変化の著しい多様化した社会においてこそ、志の高い、展望のきいた人材が求められているのです。
 二点目は、挑戦する勇気を持ち続けてほしいということです。
 「才能はたいていの人が持っている。大切なのは、才能のあるなしではなくて、それを発揮するエネルギーがあるかどうかだ」と言ったのはアニメーション作家の宮崎駿氏です。人には無限の可能性と創造力があると言われます。それを発揮するには、無論、知識や経験、環境などさまざまな条件が必要ですが、何よりその原動力となるのは、エネルギー、つまり挑戦する勇気です。現状を受け入れてそれに甘んじてしまえば、それ以上の成長は望めません。困難に直面した時、考えに考え抜いて挑戦し続ければ必ず道は拓けます。いかなる状況に置かれようとも、挑戦する勇気を持ち続け、自らの道を自らの力で切り拓いていってください。
 三点目は、感謝の気持ちを持ち続けてほしいということです。
時に厳しく諭し、時に温かく見守ってくださった先生方、三年間ここ相高で同じ時空を共有し、喜びも悲しみもともに分かち合ったかけがえのない四十回生の仲間、いつも大きな愛情で包み、陰から支え応援してくれた家族、そして地域の方々。皆さんが今日、卒業の日を迎えることができたのは、もちろん、皆さんの弛まぬ努力によるのですが、その裏にはこうした多くの方々の励ましやご支援があったからこそです。「感謝の心が人を育て、感謝の心が自分を磨く」、これはアメリカの実業家、スティーブ・ジョブズ氏の言葉ですが、感謝の気持ちを決して忘れることなく、心豊かに生きてください。
 保護者の皆様に、この場を借りまして一言申し上げます。この三年間、本校の教育方針をご理解いただき、ご協力賜りましたことに厚くお礼申し上げます。お子様は、大きく、立派に成長され、今日この学び舎から巣立っていかれます。この十八年間、言葉には尽くせぬほどのご苦労があったこと、また春から親元を離れていくことに一抹の不安と大きな寂しさを感じておられることと推察いたしますが、今日この日を迎えられ、心からお慶びとお祝いを申し上げます。今後とも引き続き、本校に対して変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 最後になりましたが、不思議な縁でここ相高に集い、ともに育くんだ校訓「自律・創造・敬愛」の精神。この精神を深く胸に刻んで、皆さん一人一人の「躍動」する姿が母校の喜びや励みになることを、そして四十回生全員の力になることを忘れず、命を大切に、自信と誇りをもって、悔いのないすばらしい人生を歩んでいかれることを祈念しています。
 「別れをば 山のさくらに まかせてむ とめむとめしは 花のまにまに」
 卒業生の皆さんに限りない惜別の思いを残しつつ、その洋々たる前途を祝して、式辞といたします。

平成三十一年二月二十八日  兵庫県立相生高等学校長  西 茂樹

平成30年度第3回学校評議員会開催される

 2月26日(火)、第3回学校評議員会を開催しました。5名の学校評議員の方々に県立相生高校の取組の最終報告等をしました。
 県立相生高校の各事業に関して熱心な質疑応答が行われ、貴重な意見をいただきました。

学校保健委員会を開催しました

 2月25日(月)に、学校医の先生方やPTA会長、副会長、厚生委員の方々にも出席いただき学校保健委員会を開催しました。今回はⅠ部で保健管理の報告や次年度の計画について、Ⅱ部で学校医の魚橋先生に「生活習慣病と睡眠時無呼吸症候群について」という題でご講話いただきました。短時間ではありましたが、PTAの方から意見や質問も出ました。学校医の先生方からは、花粉症やスマホの問題等タイムリーな助言もいただきました。

2月19日(火) 7時限 42回生 総合的な学習

 総合的な学習の時間の「わがまち相生探究活動」の各グループのポスターを利用し、グループの主張・提案発表をした2学期。その発表から得た課題を改善して、相生市への提言に向けての『CM紙芝居』、『数多く見てもらえるホームページ作成のヒント』の発表を、各教室にて行いました。前回の発表から時間が経っていたため、発表が真面目な硬いものが多くなっていました。“書く”表現は、少しずつ成長の跡が見られます。次は、“話す・言葉で伝える”表現力をどう高めていくか。なかなか難しい問題ですが、いろいろな経験から、言葉にする機会を増やしていきたいと思います。
 各クラスから選ばれた班については、後日、本校のホームページで紹介させていただきます。併せて、3月15日に予定されている、作品優秀班の発表に向けても、さらに磨きをかけて、少しでも良い発表になるよう、取り組ませたいと思います。

第42回校内マラソン大会

 2月14日(木)、第42回校内マラソン大会を実施しました。本校では例年、マラソン大会に併せてPTAのご協力により炊き出し体験も実施しています。今年は、PTAのほか、西播磨消費者センター、相生市消費生活研究会、3年生ボランティアにもご協力をいただき、おいしい炊き出しをご用意いただきました。以下に、校長による開会の挨拶を紹介します。

 皆さんおはようございます。天候にも恵まれ、今日ここに第42回校内マラソン大会を迎えました。準備に当たってくれた生徒の皆さん、先生方に心より感謝いたします。
 ところで、今年のNHK大河ドラマ「いだてん」の主人公は、日本人初のオリンピック選手で、「日本マラソンの父」「箱根駅伝の父」と言われる金栗四三です。彼は、高等小学校時代に、往復12キロを毎日集団で走って登下校しなければならず、それは苦痛以外の何ものでもなかったそうです。しかし、ある時、息を吸う時も吐く時も、リズムをつけて2度ずつ分けて呼吸すると楽に走れることに気づき、このことが契機となって、苦痛が楽しさに変わり、日本人初のオリンピック出場に繋がったそうです。マラソンが苦痛以外の何ものでもないという人は、ぜひ実践してみてください。
 さて、マラソンを通して得られるもの、それには計り知れないものがあります。彼の記念碑には「体力・気力・努力」と刻まれているそうですが、忍耐力・持久力・免疫力・仲間との結束力など、皆さんがマラソンを通してこうした力を少しでも向上させてくれることを願っています。
 最後になりますが、本日は早朝から西播磨消費者センター・相生市消費生活研究会・PTA・3年生のボランティアの皆さんのご協力により、炊き出しを用意していただいています。本当にありがとうございます。炊き出しを通して、皆さんがそれぞれに大切な何かを感じ取ってくれたらうれしく思います。
 さあ、間もなくスタートです。アメリカ合衆国のニクソン元大統領は「人間は負けたら終わりなのではない。やめたら終わりなのだ。」と言っています。全員の完走を期待して開会の挨拶とします。

2月10日(日) 西播磨地域夢会議に参加して 42回生有志

 現在、西播磨地域の人口は約25万人で、兵庫県総人口の5%にも満たないそうです。加えて、ここ数年は毎年のように、本地域は数千人規模で人口減少が見られます。そんな西播磨地域に活気を、賑わいを、ということで、老若男女を問わず、夢会議に参加しました。本校は、42回生が総合的な学習の時間で取り組んでいる「わがまち相生」での学習活動の経験を踏まえて、5名の生徒が参加し、いろんな人の前での表現に挑戦しました。
 12時30分、関西福祉大学に集合しました。受付を済ました後、各グループの席に分かれました。初対面の方を前に、やや緊張の面持ちで、13時に全体会が始まりました。赤穂市では、7年ぶりの開催ということで、上仮屋獅子保存会による歓迎の獅子舞での出迎えがありました。その後、関西福祉大学谷川和昭先生による、ワークショップで行う「共感マップ」についての説明があり、一旦、全体会は解散しました。
 13時30分、各グループに分かれての分科会となりました。生徒たちは、自分の言葉で書いた付箋に意見を書いて、共感マップに貼っていましたが、徐々に緊張も解け、グループ内で発言している姿や自分の意志を伝えようとしている姿を見て、普段の教室での姿以上に、今回夢会議に参加したことの成果が見えた気がします。
 各々のグループの意見をまとめて、15時から再び全体会での活動に戻り、順番にグループ発表を行いました。その前に、後半のアトラクションとして、赤穂おさきオサテン団がバンド演奏で、参加者の心を癒してくれました。その後、各グループ3分の持ち時間で、グループ討議で仕上がった共感マップを使って、各グループの意見を発表しました。わずか3分の中で、自分たちが準備した原稿、司会の方とのやり取りを潤滑にすることの難しさなどを感じてくれたのではないでしょうか。この経験を生かして、自分の真意を相手に伝える力を、成功失敗を繰り返しながら、身に付けていってもらいたいと思います。5名の皆さん、疲れさまでした。今日は、あっという間に夢の中でしょうね。

野球部「相生牡蠣祭り ボランティア」

 野球部の1年生部員6名が2月10日(日)に開催された相生牡蠣祭りにてボランティア活動を行いました。部員たちは3つのグループに分かれて活動し、大盛況の牡蠣祭りの中、自ら考え主体的に行動しようと奮闘していました。このボランティア活動を通して、地域のご年配の方とコミュニケーションをとったり、多くの人の前で会場設営をするなど普段の学校生活にはない体験をすることができ、部員各々学んだことも多かったようで、貴重な経験になったことと思います。

さわやか挨拶運動

 2月8日(金)、最も寒い時期でありながら気温4℃と比較的過ごしやすい中、本校生徒会・1年4組と山手1丁目自治会の方々と共に、相生駅北側・南側ロータリーで「さわやか挨拶運動」を行いました。
 いつものように早く来た者から、駅周辺のゴミ拾いを行っています。いつもよりもタバコの吸い殻が多かったですが、多くのゴミを拾うことができました。1カ月に一度ですが、自分たちの街のために何かできるということは、挨拶同様、達成感があります。
 生徒会と1年4組、そして自治会の方の大きな挨拶の声が響きわたる、元気が伝わる「さわやか挨拶運動」でした。