保健委員を対象に食育講話を実施しました!

 10月25日(木)放課後、相生市健康介護課管理栄養士の三木由紀さんに食育講話をして頂きました。
生活習慣を見直そうということで、食生活についてのチェックに始まりBMIや適正体重の計算、摂取カロリーや食事内容の組み合わせや摂取の仕方等、短時間でしたが色々な話を聞くことができました。また最後にサプリメントの話もあり、成長期にある高校生は吸収がよいので摂りすぎになりやすいので(若ければ若いほど吸収がよいそうです)、サプリメントについては20歳を過ぎてから摂取する方が良いとのことです。今回の話を日々の生活の中で思い出した時に、食生活を見直すきっかけになればと思います。