自然科学部「水生生物調査」

 9月15日(土)、土曜講座終了後、千種川水系矢野川の水生生物調査を行いました。
 この活動は、相生ライオンズクラブが主催し、長年本校も協力して定点観測を続けている調査です。本年6月には長年の活動に対して、ライオンズクラブより感謝状もいただきました。
 今回は、雨が多く降った後でした。水嵩は少し増え、砂の堆積も増えていましたが、水の濁りは無く、きれいな流れでした。調査では、昨年に比べ生物個体数が少なくなっていました。それでも、水の流れに耐えながら石にしがみついているヒメドロムシやヒラタドロムシを観測することができました。
 観測場所の狭いエリア内でもオヤニラミ、シマドジョウ、シラサエビ、モクズガニなど多くの生物を捕獲観察することができました。

調査場所に到着、調査開始


流速、測定


石の裏にへばりつく、虫の採取


上海がにの亜種、モクズガニを捕獲、食べるとおいしいらしいが、逃がしました。